「旅」のことのはぐさ

世界中テクテク旅したいなあ

【韓国・大邱】西門市場で有名なぺちゃんこ餃子を食す。

大邱1日目の歩いたエリア
f:id:hino0526:20180524220913j:plain
この記事の続きです
hino0526.hatenablog.com

路線バスで空港から市街地へ

路線バスは、韓国にしては、ていねいな運転。(釜山のバスは荒々しかった。)
空港を出て大きな河を超えると、すぐに市街地に入ります。
「アヤンキョ駅(地下鉄1号線)」、「東大邱駅」を経由して、西門市場の方へ
予約したゲストハウスのそばのバス停で下車します。
少し道が混雑していたので、空港から1時間弱かかりました。

ゲストハウスoriginal guamseowon hanok guest house(旧亀岩書院)」へ

伝統的な書院をゲストハウスに改装した宿を今回は予約しました。古い家が密集するエリアの中にあり、グーグルマップでも最後まで道が表示されず。
バスを降りて、目印のセブンイレブンの角を曲がりますが、ゲストハウスの番地とはだいぶ番地が離れた家があって行き止まり。
細い路地の中をだいぶウロウロして、番地を確認しながらなんとか見つけ出しました。
韓国の路地は、しっかりと番地の看板があるので助かりました。しかし、門が閉まってるー

用がある人は「電話」か「ライン」をしてねとの、看板が立てかけてあります。
英語も韓国語も苦手なのにハードルが高い・・ドアをノックしても反応はありません。

到着予定で連絡した時間より30分ほど早いので、もう一度来るか、勇気を出してラインするか。
(レンタルWifiなので、電話はできないので、ライン一択。電話できても何言ってるかわかんないので無理なので、ラインの方がありがたいですがね。)

ウジウジと悩んだ末に勇気を持ってラインをしたら、すぐにオーナーが出てきてくれました。
交換中だったのか、トイレットペーパーを抱えて、すぐに出てきてくれました。いい人そう。

門を開けてもらうと、伝統的な書院が、ばーん。
緑の芝生が広がり気持ちのいいところ。都会のど真ん中とは思えないほど、のどかな環境です。
f:id:hino0526:20180524192231j:plain

ただし、門の横の小さな部屋が私たちの割り当て。狭くて一瞬ビックリしましたが、狭いからエアコンはすぐに効くし、他の建物と離れてるので静か。食堂もキレイに掃除されていている一番、素敵な部屋でした。
あとで調べたら他の部屋と値段も全然違いますし。(半額ぐらい)
オーナーは優しい人で施設をていねいに説明してくれました。部屋もせまくてゴメンねと言ってくれました。
(実際の会話は英語なので想像入ってますが)

ゲストハウスの裏手に小さなアーチェリー場があり、自由に遊んでいいとのこと。
久しぶりに弓を触って遊んでました。アーチェリーって肩こりにめっちゃくちゃ効くんですよ。気持ちいい。
(学生時代、アーチェリーやってたんです。)
f:id:hino0526:20180524192313j:plain

せっかくの大邱なので貴重な時間を大切にすべく、さっそく活動開始。
ちょっと早いですが、夕飯を食べるために西門市場へ。近代的なモノレールの駅を超えて、市場へ。

広々とした市場では日用品から洋服、朝鮮ニンジン、水産物に虫までなんでも売っていて見ているだけで面白い。
唐辛子はたくさんの種類が米袋みたいなのに入れられて売っています。種類も量もすごい。

伝統的な韓服のお店もたくさんあり、パステルカラーのかわいいデザインのチマチョゴリもありました。
結婚式とかに使うみたいです。

お目当てのぺちゃんこ餃子のお店へ。到着したときに、ちょうどお会計をしてたった人がいたので、運良く入れ替わりで席につけました。
まだ5時ぐらいなので、他の屋台には人が少ないのに、このお店は席がいっぱい。
人気店ですね。期待に胸が高まります。

ぺちゃんこ餃子(お店の人は「マントゥ」と言ってました。)と目の前でグツグツ煮込まれていたトッポギ(こっちはそのまま「トッポギ」と言ってました。)を注文。
注文が入ってから餃子を炒めてくれます。ぺちゃんこなおかげで火の回りも早いみたい。2〜3分で出てきます。効率も良しな餃子(笑)

油がたっぷりかかっていて、いい香りがします。餃子の上に唐辛子の粉がかかっています。
トッポギはスープが真っ赤か。辛そー。

さて実食してみると・・。
ぺちゃんこ餃子は皮モチモチで、油べとべとなのがおいしさの秘訣。具が少ない分、皮の美味しさをしっかり楽しめます。
ワンタンを焼餃子みたいに料理したものと言ったら一番近いかも。
辛さはほとんどありません。有名なだけあっておいしいლ(´ڡ`ლ)
冷えると油っこくなってダメなタイプだと思います。冷える前に急いで食べちゃえ。

トッポギは真っ赤かな見た目に反して優しい味。
辛いは辛いんですが、「グワー」とくる程ではないです。
辛さの中に甘みもあってこちらもおいしいლ(´ڡ`ლ)餃子と一緒でトッポギもモチモチしています。

お会計は、7,000ウォン。二人で食べてお腹が膨れました。あーおいしかった。

まだ食べ終わっても6時ぐらい、宿に帰るには惜しいので24時間開放されている教会「桂山聖堂」へ。

適当に検討をつけて向かっていくと途中に別の巨大な教会が。敷地を抜けられそうなのでそばまで来ると、伝道記念館という小さな博物館がありました。時間が時間ですので当然閉館していますが、レンガ造りのかわいいお家でついつい見とれてしまいました。

f:id:hino0526:20180524192410j:plain

近代的な大邱第一教会を超えて行くと、景色が広がり、美しい階段が見えてきます。写真パネルが展示されていたり、韓国国旗がはためいているので、何らかの観光地なんだろうなーと気軽な気持ちで通り過ぎてしまいましたが、後から帰って調べてみると・・
(続く)
hino0526.hatenablog.com