「旅」のことのはぐさ

タイトルの「ことのはぐさ(言の葉ぐさ)」とは話題のことです。旅の話題を幅広く掲載したいと思っています♪

【韓国・慶州】慶州名物スンドゥブの有名店、ファンナム(皇南)メットルスンドゥブへ

こちらの記事の続きです。

お昼は、スンドゥブのお店に行くことに。

慶州は、スンドゥブが発祥の地として有名で、たくさんのお店があります。

その中でも、観光客に人気の「ファンナム(皇南)メットルスンドゥブ”황남 맷돌 순두부”」へ。韓国語の口コミでも評判の人気店みたいです。

 

シャカシャカと自転車で月池から進むと、レストランの直前に三叉路があり、どっちに行けばいいのか地図を見ながらでも迷いました。ちょっと進んだところで、どうも慌ててバック。公園とは反対側の街に向かう道を行けば、すぐの場所でした。

ファンナムメットルスンドゥブ

12時ごろの到着。店の前に自転車を置いて、お店の中へ。建物は古民家風です。入口で靴を預けるのですが、お客さんが全然いません。

「本当に人気店なの?」

と不安になりますが、従業員の方の元気な挨拶の前に、引くに引けず、店内へ。

簡単な日本語は通じ、メニューも日本語のものを持ってきてくれました。

こちらがスンドゥブ。90000ウォンです。辛い味を想像していましたが、予想に反してまろやかな味。辛味は全くと言っていいほどありません。韓国では珍しい、薄味でした。

海鮮のダシがしみており、特に貝の味が強く出ています。日本人に食べやすい味だと思います。(貝の味は強いので、貝が好きか、嫌いかで好みが別れるかもしれません。)

f:id:hino0526:20190127130856j:plain

おかずの豊富さが、すごい。10皿ぐらいつてきます。おかずも海鮮系が中心です。初めて食べるものも多かったです。全体的に塩味が少し強め。

f:id:hino0526:20190127130829j:plain

料理が出てきた頃に、続々と人が入ってきて、帰る時には満員になってしまいました。店員さんも忙しそう。

みんな、お昼遅いのね。

12時ごろに来店して正解でした。

ファンナム(皇南)メットルスンドゥブ

황남 맷돌 순두부 

営業時間 9:00〜21:00

 

瓦を焼く釜を発見

再び自転車を漕ぎ出し、歴史地区の南西側へ。途中に瓦を焼く釜がありました。屋根があるのでみんなの休憩場所になっています。

現役かな。本当に使っていそうな感じです。建物を再建するときの瓦はここで作っているのでしょうか?

f:id:hino0526:20190127131532j:plain

釜の裏手には瓦が並べられています。

f:id:hino0526:20190127131534j:plain

校村韓屋村

さらに南へ向かうと校村韓屋村へ到着。伝統的な家屋が立ち並んでいます。最近、再建されたのか新しそうです。

自転車で乗り入れようとしたら、「ぴっぴー」と警備のかたに笛を鳴らされてしまいました。自転車は禁止みたい。人も多いので仕方ないですね。駐輪して散策することに。おみやげ屋さんに、犬の小さなテーマパーク。(壁が低くて中が丸見えなので、誰も入入場料を払って入ってません。もっと高い塀にして中が見えないようにしないとダメだよ!)こちらにも韓服のレンタル屋さんがあり、変身して街を歩いている人を見かけます。

犬の形をしたロボットがピョンピョン跳ねながら、子供の入った荷台を引く乗り物がインパクト抜群。ものすごく、ブルブル震えているのですが、子供達は大喜びでした。

崔(チェ)富者宅

奥へ歩いて行くと、崔(チェ)富者宅という文化財指定の古民家が。説明看板は、韓国語、英語に加え、日本語の表記もありました。

崔(チェ)家は、この辺りの長者様で、1万石の財産を12代にも渡って守った上に、学問に励み、9代に渡って進士を出したそうです。

この家は柱を低くして、家を低くし、隣にある慶州郷校(儒教の学校)に配慮しているそうです。韓国は儒教の教えが生活にまで浸透していると感じます。

f:id:hino0526:20190127135054j:plain


崔家六訓

崔(チェ)家の中に六訓という家訓が展示されていました。

科挙を受験すれども進士以上の官位に進むべからず

1万石以上の財産は、社会に還元すべし。

凶作の際に土地を増やすべからず。

旅人を厚くもてなすべし。

周辺100里以内に餓えた人が出ないようにすべし。

嫁いできた嫁は3年間木綿の服を着るべし。

f:id:hino0526:20190127134649j:plainさすが、12代にも渡って財産を守ってきただけありますね。不景気になると、人の不幸につけこんで、安く買い叩きたくなりますが、そんなことをしていては恨みをかって財産を守ることがおよびつかなくなってしまうのでしょうね。こんに人道的な長者様がいた、慶州の人達は幸せですね。ここまでしてくれたら、何かあった時に守ってあげたくなるのが人情でしょう。しかも自分たちは質素に生きるという、教えを外からお嫁さんに来た人たちにも徹底していたのですね。

(続く)

 

関連情報

今回の旅行の目次ページです 

前に釜山から慶州に来た時の記事です

【ベトナム・ハノイ】ベトジェットでハノイ3日間の旅

11月、3連休とあわせて4日間の休みがとれそうなので、海外に行ってみることに。

スカイスキャナーで安い飛行機のチケットが出ていないか、探ってみると、関空ハノイ往復便が3万円代前半を発見。ベトナムは前から興味はあったのですが、タイとかマレーシアよりも近いにも関わらず、直通便の値段が高めで、今までご縁がなかった国。これは、ラッキーとすぐに予約します。

航空会社は、ベトジェットというLCC。2018年11月に就航したばかりだったみたいです。だから安かったのかな?

関空で久しぶりの空港野宿

朝9時出発の便。私の家からだと、始発に乗ってもちょっと厳しい時間。久しぶりに空港で夜明かしをすることに。終電で空港へ到着。竹細工から漏れる明かりがキレイ。

f:id:hino0526:20181210163837j:plain

まず第1ターミナルの国内線カウンターの前に行ってみたのですが、以前と違って野宿している人はわずか。ちょっと座っていたのですが、マイネオの宣伝が音声付きで繰り返し流れており、無理。どうりで人がいないわけだ。端っこの居心地が良さそうな場所は、すでに占拠されています。

エアロプラザに向かってみると、休憩室でたくさんの人が眠っています。完全にフラットな椅子もありますが、数が少なく、私が到着した時点ではいっぱいでした。なんとか空いている横椅子を一つゲット。休憩室には充電器まで用意されている太っ腹。(USBを直接さすことができる場所もあるのですが、半分ぐらい壊れています。コンセントから充電できるように準備をした方が無難です。)500円でシャワーも浴びることができるようになっていました。

ちなみに開放時間は、18:00〜9:00みたいです。お昼寝はできないみたいですので、ご注意を。

f:id:hino0526:20181210164409j:plain

出国審査が機械化されており、スタンプも省略になっていました。どんどん、パスポートにスタンプ押してくれる回数が減っていますね。パスポートがいっぱいになるのを楽しむのも過去の話になってしまうのでしょうか。少し寂しいです。

第一ターミナルでしたので、免税店のユニクロでお買い物を。創業祭もしっかり開催されていて、マグボトルまでいただきました。金色って、中国人狙いなのかな。さっそく、空港の水道で水を入れて活用。空港に水筒に入れるための、水道も準備されていました。中国人観光客向けかな。便利で嬉しい。

ベトジェットに搭乗

機内は8割から9割ぐらいの搭乗率でした。非常口座席のところが窓側に座席がなく、横手から通れるようになっているのが特徴的でした。非常事態には便利だと思いますが、座席をよく減らす決断ができましたね。

ベトジェット機内食

機内食が一食500円ほどだったので予約しておきました。ミネラルウォーターつき、おいしかったですよ。機内がめちゃくちゃ乾燥していたので、ミネラルウォーターがありがたかったです。500円ならお得だと思います。

エアアジアと一緒の大きさ。男の人だと少し物足りない量です。

f:id:hino0526:20181210171646j:plain

私が予約したのは、シンガポールヌードル。シンガポールでもあまり食べた記憶のない味付け。最初の一口目ははっきり言ってクセが強すぎて受け入れ難いです。やや酸味がついておりパクチーの味もします。ヌクマムだろうか、醤油に近いがなにか独特の酸っぱさを感じる。麺は少しボソボソしており残念。
ただ不思議なことに、食べ続けるとだんだんと舌に馴染んできて、酸味がくせになってくる。パクチーも量がささやかで心地よい。エビはぷりぷりしていて機内食の割には美味しい。
食べ終わる頃には、特有の酸味にすっかり虜になってしまった。
はっきり言って人をかなり選ぶ味。酸味に強くパクチーが好きなら食べられると思う。麺が少しボソボソしているのは機内食の限界か。機内食の中ではよくできていると思います。

f:id:hino0526:20181210164501j:plain

午後2時すぎに到着。格安航空のせいか、タラップでおりた後にバスでターミナルまで向かいます。入国審査はそれなりに混んでおり、30分ぐらいかかりました。

到着ロビーは多くの人でごったかえしています。SIMカードを売る店と、両替屋さんが並んでおり、声を枯らして営業しています。日本円の両替価格のパネルを持って頑張るお店も。国際空港のターミナルなのに、まるでアジアのバスターミナルみたいな営業っぷりです。今回はSIMカードは持ち込み、お金はATMなのでお世話になりませんでした。

購入したSIMカード

今回、SIMカードはアマゾンで事前購入していたため、SIMカードは買わず。UQのファーウエィP10liteですが、SIMカードを変更するだけで使うことができました。すでに設定が入力されているみたいで、APMの設定も不要でした。

下が今回買ったSIMカード。建物の中に入ると速度が遅くなりますが、3日間問題なく使うことができました。香港から直接送られて来ました。送料だけで、値段ぐらいかかってそうですが、どこで利益を出しているんだろう。謎です。ちなみに説明書は中国語しか書いてなかったですが、入れるだけですので問題ないかと。

業者が直接出荷するので、到着まで1週間以上かかります。購入予定の方は早めに注文した方がいいですよ。また2枚セットもあります。複数枚必要な方はセットの方が少し割安になっています。

ATMでお金を!

ATMでお金をキャッシング。今回は初めてビザのブランドデビットカード三井住友銀行)を使ってみました。一度にたくさん下ろすことができない仕様になっていて、200万ドンまででした。日本に帰ったらで通帳を見たら、200万ドンがカード代10257円と手数料108円が引かれていました。バスに乗る前に、お金を崩すためにジュースを購入しましたが、別に崩さなくても、空港に乗り入れしているバスは、お釣りがたっぷりありそうでした。

空港から旧市街まで86番バスに乗って

空港からバスで旧市街に向けて、観光客向けの空港連絡バスである86番バスが出ています。バス停は、タクシー乗り場から道を渡ったところにあります。

国内線ターミナルが始発になるので、座りたい人はいったん無料のシャトルバスで国内線ターミナルに向かい、そこから乗るのがおすすめ。シャトルバスは出発ロビーの前に着くので、1階に降りて、86番バスのバス停に向かう必要があります。国内線ターミナルのバス停はわりとわかりやすいです。

私が乗った時も、後ろの方で並んでいた人は立ち乗りになっていました。旧市街のそばのバス停まで40分ほどかかるので、座った方が楽だと思います。自動車専用道路みたいなところを結構な速度で飛ばすので、安全もかねて座った方がいいと思います。(ベトナムの交通マナーは過去最悪。信号を守らないバイクがわんさかいます。)

(続く)

関連情報

2016年に関西国際空港で夜明かしをした時の記事です。わずか2年ですが、だいぶ当時とは状況がかわっています。