読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

4,000体の仏像が安置されていると言われる、パークウー洞窟は・・・(ルアンパバーン旅行記12)

ラオス ルアンパバーン旅行記 ルアンパバーン

こちらの記事の続きです。

hino0526.hatenablog.com

上の洞窟(タム・プン)へ

船を降りてから、まずは上の洞窟(タム・プンと言うらしい)へ向って階段を登ると、2分ほどで洞窟に着きます。

f:id:hino0526:20141224201758j:plain

洞窟までは木が生い茂っており、日陰にはなっていますが、上り階段ということもあり、暑くて汗が吹き出てきます。

 

洞窟の入口ではお布施(ドネーション)をすすめられましたが、「入場料を払ったのにまたとるんかい!」と思ってお断りしました。(断ってもしつこい要求は、なかったです。)

 

洞窟は大きな入口ですが、中は真っ暗。少し入ってみるが、明かりなしでは、とてもじゃないが入ることはできません。

 

仕方がないので、洞窟の入口で懐中電灯を借ります。

さっきお布施を断ったので借りにくい、、

懐中電灯のレンタル代は、5000キープでした。

 

入口の売店ではお母さんと小さな男の子が店番をしていました。私が懐中電灯を借りるときに、後ろでお母さんが指示しながら、お金の懐中電灯のやり取りや男の子に応対をさせていました。

学校だけではない、こんな勉強の仕方もあるのだな〜と感じる一幕でした。

 

懐中電灯を手に中に入ってみると、中には大小たくさんの、仏像が所狭しとおさめられています。地元の人が持ち込んだのがだんだん集まったという感じですね。

この洞窟には、1,500体の仏像があるらしいです。確かにそのぐらいありそう。

 

f:id:hino0526:20141224201656j:plain

しかし、奥行きはわずか50メートルほどで終わり。「ちょっと短すぎやしないかい。」と一人ツッコミをしてしまうほどのガッカリ感。

 

往復3時間の価値は、、、(舟でのんびりできたので、何も言うまい。) 

 

洞窟の奥で電灯を消すとまったくの暗闇になり、シーンとして暗闇に包まれた洞内は神秘的でした。

 

それもつかの間、ツアー客を乗せたボートが到着したようで、人が次から次へと来ます。

 

一人の時がたまたま途切れた、ラッキーな時間だったようで、洞窟にはかなりの数の観光客が訪問しているようです。その後も15分ほどいましたが、洞窟を独り占めできるチャンスは来ませんでした。

下の洞窟(タム・ティン)へ

さて次は下の洞窟(タム・ティン)へ行こうと、洞窟を出て、懐中電灯を返します。(下の洞窟では、懐中電灯はいらないので、返して大丈夫ですよ。)

今度は階段を下って行くと、数分で下の洞窟に到着。

 

この洞窟は崖がくぼんでいるだけで、奥行きは10メートルもなく、懐中電灯もいらない程度の奥行きしかありません。僅かにくぼんだ、洞窟というには申し訳ないほどのスペースには、数えきれないほど、たくさんの仏像がおさめられています。

和歌山市加太の淡嶋神社の人形たちを思い出させる光景です(笑)

f:id:hino0526:20141224201841j:plain

正直に言っておみやげ屋さんでも、売っていそうな仏像ばかりですが、ラオスの人々の仏教を大切にしてお供えしている様子。

こちらは2,500体の仏像があるそうです。本当にたくさんの仏像があり、ちっちゃなものまで数えるのは不可能なほど。本当に無数の仏像が置かれています。

 

温かな心がこもった洞窟でした。風景も綺麗ですし。まあ来て大損というコトはないです。ただ、「神秘の洞窟」とか「ルアンパバーンに来たら見逃せない」というのは、旅行会社の誇大広告ですね。

別に歴史的にもそんなに言われがあるものではなさそうです。

地元の人が縁起のいい場所としておがんでいたのを、とりあえず観光地化したというのが本音ではないでしょうか。

スローボートの旅は面白かったんですよ。道すがらもいいんですよ。道すがらが良かったんで総じて満足なのですが、メインに期待してはいけません。この観光地は過程を楽しむ場所でした。

(続く) 

次は、洞窟そばの水上レストランへ行きます。

hino0526.hatenablog.com

 

 

Information

私は、個人で船を手配しましたが、旅行会社やゲストハウス等でツアーを募集していますので、少人数の場合はツアーで行ったほうが費用の節約になるでしょう。ツアーなら一人当たり2,000円しないぐらいの価格で行くことができるみたいですよ。船でなく、トゥクトゥクで行くツアーをあるみたいなので、ボートに乗りたい方は事前に確認しましょう。(最後だけ渡し舟で対岸に行く必要があります。)

ウイスキーづくりの村は、だいたいセットになっています。1日でクアンシー滝と一緒にまわるプラン(午前に洞窟と午後に滝など)でもありますが、真逆の方向なので日程に余裕があるのであれば、別の日にしたほうがいいと思います。

広告