「旅」のことのはぐさ

世界を楽しくめぐろう!

ラオス ルアンパバーン 旅行記 (はじめに)

ルアンパバーンは、ラオスの山あいにある小さな町です。

ランサーン王国の首都として王宮がおかれ、以降のラオス歴代王朝(ときには分立や植民地化にみまわれましたが、)の王宮が設けられ首都として栄えました。

 

その後、革命がおきてラオス民主化し、王はいなくなりました。かつての王宮が、国立王宮博物館として開放されています。

 

たくさんの寺院があり、信仰の都市としての顔もあります。毎朝、早朝に行われている托鉢の儀式は世界的に有名になっています。

f:id:hino0526:20141128081738j:plain

だからといって巨大な仏教建築物があるのかというと、そうではありません。タイで言ったら地方都市のレベルの寺院しかなくもし、バンコクに行った方が、何倍も巨大で立派なお寺を見ることができます。

ルアンパバーンの街はとても小ぢんまりしており、日本の地方の県庁所在地よりも小規模な町です。

 

でも、その小さな町が世界中から観光客を集めています。特にヨーロッパからの訪問者、特に白人の旅行者が多い観光地です。ユネスコ世界遺産にも登録されていました。

 

何もないのんびりとした雰囲気と、素朴な人々が守ってきた信仰のあり方、そして美しい建築様式が観光客の人気を集めています。

 

日本でも少しずつとりあげられるようになってきましたが、ラオス自体が観光地としてマイナーであり、ルアンパバーンも有名な観光地とは言えません。

 

ルアンパバーン空港への直行便はないので、最低1度は乗り換えなければなりません。(韓国からは直行便があるのですが・・)

 

距離的にはカンボジアやタイとほとんど同じですが、行こうと思うと手間と時間がかかる国です。

 

私は、関西国際空港からクアラルンプール経由でビエンチャンまでエアアジアを利用しました。

 

ビエンチャンからは寝台バスにてルアンパバーンへ向いました。

ビエンチャンルアンパバーン間は、バスだと11時間ぐらいかかります。飛行機もあり、エアラオスの運行する飛行機にのればビエンチャンルアンパバーン間は1時間かからず行くことができ、運賃も往復1万円程度と比較的リーズナブルです。

私は、道中で満点の星空が見れる寝台バスに乗ってみたかったのと、飛行機代の1万円すら惜しかったので私はバスを選択しました。

 

様々な種類の旅行があります。記憶に深く残った旅行は、現地をよくわからないままに、たくさんの交通機関を乗り継いで目的地に訪問した旅行でした。

 

日数が長くても、一カ所に滞在した旅行は、意外に記憶に残っていません。ルアンパバーンへの旅行も移動をたくさんした旅となり、思い出に深く残る旅となりました。

 

まずは、ラオス入国までのお話から。

関連情報 

ルアンパバーンの話は7話目から 。

ルアンパバーンの地図を作成しました。旅行記とあわせて楽しんでください。