「旅」のことのはぐさ

世界をお散歩🎵

【慶州】古代都市の跡をサイクリングで巡ります。

こちらの記事の続きです。

 

街はすぐに終わり、緑の草原に古墳がこんもりとそびえ立つエリアに。土の道の上を楽しくサイクリングします。

途中に、伝統衣装を貸してくれる、変身写真屋さんが。本当は妻と行ってみたかったのですが、あんまり乗り気じゃない様子。内心、泣きながら、通り過ぎます(><)

古代の天文台「慶州瞻星台」

最初の目的地は、古代の天文台「慶州瞻星台」。いつ頃建てられたのか、天文台と言われていますが、どのように使われていたかも定かではないらしいです。その、ユニークでキュートな形から慶州観光のシンボル的な扱いとなっています。なんとなく、愛嬌のある形をしてますよね。

f:id:hino0526:20180712221058p:plain

 

今は、石の部分しか残っていないですが、かつては木製の構造物がくっついていて、中に入ることができたらしいです。有料と書かれていたガイドブックもありましたが、実際に行ってみると無料でそばまで近寄ることができました。柵で囲ってあり、料金所のような建物もあったので、おそらく無料開放になったのでしょう。でも、周りが平原なので、いくらだったのかわかりませんが、お金を払ってみる人はあまりいなさそうな気がします。このあたりが、無料化の原因なのかな。

休日ということもあり、多くの人が集まっています。自転車に乗っている人も多いですが、電動のカートに乗っている人も多かった。あっちの方が楽そうで羨ましいな。

次は石造りの冷蔵庫があった場所へ向けて、レッツサイクリング。丘になっていて、まあまあ急な坂。自転者を降りて、歩いてなんとか登ります。5月なのに、日差しがきつい〜。

丘の上は、松の気が植えられていて、下の平原よりはだいぶ涼しい。土塁の上に松の木が植えられていると、まるで日本のお城みたい。昔の門の跡があり、下の原っぱを見渡すことができます。(菜の花が植えられていて、とても綺麗。)

石氷庫でゴチン><

やっとのことで到着した、石の冷蔵庫。石氷庫。下を覗こうとしたら、ゴツン。

あああああ

頭、おもいっきりぶつけた!あまりの痛さにうずくまって、ちょっぴり泣きべそまで書いてしまいました。

中は広々とした洞窟になっていますが、下に見える木の枠のところから覗くだけです。中から吹く風は、ひんやりとして気持ちが良かったです。欲を言えば、中に入って涼みたかった。

当時は冬に保存した氷が、夏まで残っていて冷蔵庫の役割を果たしたそうです。

山を下っていくと広々とした菜の花畑。春らしくて、のどかな雰囲気。家族づれも多く、サイクリングやウォーキングの人たちで賑わっています。インスタにアップするのか、こだわった格好で写真を撮影してる人も。はたから見てるとちょっと滑稽で面白い(笑)

古代慶州の再現映像

古代都市のイラストが書かれた建物があるので、入ってみると、映像を見せてくれる小さなミュージアムでした。10分後ぐらいに流すよと、日本語で職員の方が教えてくれました。

古代の慶州がCGで再現された映像で、応時の繁栄をしのぶことができます。今では、天文台ぐらいしか残っていませんが、かつては菜の花畑の場所には、建物がびっしりと並んでいたそうです。

月池(ウォルチ)へ

続いて古代の庭園が残されている月池(ウォルチ)へ。人工池と伝わる、池の周りに華やかな色合いの建物が再建されています。こちらも最盛期には、今よりも沢山の建物が立ち並び、王族や貴族の方々が景色を愛でていたそうです。

池を一周することができるので、反対側から建物が池に映る姿を堪能できます。ただ、暑くて暑くて、素敵な風景だとは感じながらも、さっさと見学を済ませてしまいました。今では、少し後悔をしています。

ここで一旦折り返して、昼食を食べるために慶州の街に戻ります。

(続く)

関連情報

目次ページです。

 2017年に慶州を訪れた時の記事です。

 

【目次ページ】ラオス ルアンパバーン旅行記

世界中の観光客から、ラオスの古都「ルアンパバーン」が大人気ということで、行ってみました。発展途上国ラオスって、どんなとこなの?とビクビクしながらの、訪問でしたが、

実際に行ってみると、「人」良し、「食べ物」良し、「景色」良しの楽しい旅行になりました。交通機関の整備とトイレの整備が遅れているのが欠点ですが、それ以外は問題なく、楽しい旅行となりました。

個人的ランキングで「ラオス」は、面白かった旅行先No. 1です。首都ビエンチャンには、この旅行とは別に、タイ・バンコクから寝台列車に乗って訪れました。

はじめに

 

1日目

関西国際空港クアラルンプール国際空港(ターミナル2)〜クアラルンプール駅

 

2日目

クアラルンプール国際空港〜ワットタイ国際空港(ラオスの首都「ビエンチャン」の空港)

ワットタイ国際空港〜ラオス国立博物館

ラオス国立博物館ビエンチャン市街地(ナンプコーヒー、旅行会社)

ビエンチャン(マッサージ、メコン川

ビエンチャン〜バスターミナル〜寝台バス〜ルアンパバーンバスターミナル

3日目

ルアンパバーンバスターミナル〜ルアンパバーン市街地

ルアンパバーンルアンパバーン国立博物館(王宮跡)」
ルアンパバーン「ワット・マイ(お寺)」 
 ルアンパバーン市街地〜ウイスキーづくりの村〜パークウー洞窟〜船上レストラン〜ルアンパバーン市街地

 スローボートで洞窟へ。の〜んびりした旅。

 

 

  

 

ルアンパバーンルアンパバーン レジェンド ホテル」

 

ルアンパバーンレモングラス サラ トラディショナル マッサージ」

 

ルアンパバーンDelilah’s(レストラン)」

4日目

ルアンパバーン「クリーニング」 

ルアンパバーン「ワット・シェントーン(お寺)」
  ルアンパバーン「ワット・セン(お寺)」

5日目

ルアンパバーン「托鉢」

 

ルアンパバーン郊外サイクリング

 

 

 

ルアンパバーン「ソンパオ」

6日目

ルアンパバーンビエンチャン(寝台バス)

7日目

ビエンチャン郊外サイクリング

ビエンチャン「ワット・ホー・プラケオ(お寺)」

 

ビエンチャン「タートダム」〜ワットタイ国際空港

 

ふりかえり

 

関連情報

ビエンチャン

タイノンカーイ〜ビエンチャン 

ビエンチャン〜ウンドターニ(国際バス)
ビエンチャン「タートル・ルアン(仏塔)」