「旅」のことのはぐさ

世界をお散歩🎵

【ベトナム・ハノイ】ベトジェットでハノイ3日間の旅

11月の3連休とあわせて、仕事の休みがとれそうなので、海外に行ってみることに。スカイスキャナーで安い飛行機のチケットが出ていないか、探ってみると、関空ハノイ往復便が3万円代前半を発見。興味はあったのですが、タイとかマレーシアよりも近いのに、直通便が高く、今までご縁がなかったので、ラッキーとすぐに予約。

予約したのは、ベトジェットというLCC。2018年11月に就航したばかりだったみたい。だから安かったのかな?

関空で久しぶりの空港野宿

朝9時出発の便。私の家からでは始発に乗っても、ギリギリなので、久しぶりに空港で夜明かしをすることに。終電で空港へ到着。明かりがキレイ。

f:id:hino0526:20181210163837j:plain

第1ターミナルは、以前と違って野宿している人は本当にわずか。ちょっと座っていたのですが、マイネオの宣伝が音声付きで繰り返し流れており、無理。どうりで人がいないわけだ。端っこのあたりは、すでに占拠されています。

エアロプラザに向かってみると、休憩室にはたくさんの人が眠っています。完全にフラットな椅子もありますが、数が少なく、私が到着した時点ではいっぱいでした。横椅子を一つゲットしました。部屋には充電器まで用意されている太っ腹。(USBを直接さすことができる場所は、半分ぐらい壊れています。コンセントから充電できるように準備をした方が無難です。)500円でシャワーも浴びることができるようになっていました。

ちなみに開放時間は、18:00〜9:00みたいです。お昼寝はできないみたいですので、ご注意を。

f:id:hino0526:20181210164409j:plain

出国審査が機械化されており、スタンプも省略になっていました。どんどん、パスポートにスタンプ押してくれる回数が減っていますね。パスポートがいっぱいになるのを楽しむのも過去の話になってしまうのでしょうか。少し寂しいです。

第一ターミナルでしたので、免税店のユニクロでお買い物を。創業祭もしっかり開催されていて、マグボトルまでいただきました。金色って、中国人狙いなのかな。さっそく、空港の水道で水を入れて活用。空港に水筒に入れるための、水道も準備されていました。中国人観光客向けかな。便利で嬉しい。

ベトジェットに搭乗

機内は8割から9割ぐらいの搭乗率でした。非常口座席のところが窓側に座席がなく、横手から通れるようになっているのが特徴的でした。非常事態には便利だと思いますが、座席をよく減らす決断ができましたね。

ベトジェット機内食

機内食が一食500円ほどだったので予約しておきました。ミネラルウォーターつき、おいしかったですよ。機内がめちゃくちゃ乾燥していたので、ミネラルウォーターがありがたかったです。500円ならお得だと思います。

エアアジアと一緒の大きさ。男の人だと少し物足りない量です。

f:id:hino0526:20181210171646j:plain

私が予約したのは、シンガポールヌードル。シンガポールでもあまり食べた記憶のない味付け。最初の一口目ははっきり言ってクセが強すぎて受け入れ難いです。やや酸味がついておりパクチーの味もします。ヌクマムだろうか、醤油に近いがなにか独特の酸っぱさを感じる。麺は少しボソボソしており残念。
ただ不思議なことに、食べ続けるとだんだんと舌に馴染んできて、酸味がくせになってくる。パクチーも量がささやかで心地よい。エビはぷりぷりしていて機内食の割には美味しい。
食べ終わる頃には、特有の酸味にすっかり虜になってしまった。
はっきり言って人をかなり選ぶ味。酸味に強くパクチーが好きなら食べられると思う。麺が少しボソボソしているのは機内食の限界か。機内食の中ではよくできていると思います。

f:id:hino0526:20181210164501j:plain

午後2時すぎに到着。格安航空のせいか、タラップでおりた後にバスでターミナルまで向かいます。入国審査はそれなりに混んでおり、30分ぐらいかかりました。

到着ロビーは多くの人でごったかえしています。SIMカードを売る店と、両替屋さんが並んでおり、声を枯らして営業しています。日本円の両替価格のパネルを持って頑張るお店も。国際空港のターミナルなのに、まるでアジアのバスターミナルみたいな営業っぷりです。今回はSIMカードは持ち込み、お金はATMなのでお世話になりませんでした。

購入したSIMカード

今回、SIMカードはアマゾンで事前購入していたため、SIMカードは買わず。UQのファーウエィP10liteですが、SIMカードを変更するだけで使うことができました。すでに設定が入力されているみたいで、APMの設定も不要でした。

下が今回買ったSIMカード。建物の中に入ると速度が遅くなりますが、3日間問題なく使うことができました。香港から直接送られて来ました。送料だけで、値段ぐらいかかってそうですが、どこで利益を出しているんだろう。謎です。ちなみに説明書は中国語しか書いてなかったですが、入れるだけですので問題ないかと。

業者が直接出荷するので、到着まで1週間以上かかります。購入予定の方は早めに注文した方がいいですよ。また2枚セットもあります。複数枚必要な方はセットの方が少し割安になっています。

ATMでお金をおろす。

ATMでお金をキャッシング。今回は初めてビザのブランドデビットカード三井住友銀行)を使ってみました。一度にたくさん下ろすことができない仕様になっていて、200万ドンまででした。日本に帰ったらで通帳を見たら、200万ドンがカード代10257円と手数料108円が引かれていました。バスに乗る前に、お金を崩すためにジュースを購入しましたが、別に崩さなくてもお釣りはたっぷりありそうでした。

空港から旧市街まで86番バスに乗って

空港からバスで旧市街に向けて、観光客向けの空港連絡バスである86番バスが出ています。バス停は、タクシー乗り場から道を渡ったところにあります。

国内線ターミナルが始発になるので、座りたい人はいったん無料のシャトルバスで国内線ターミナルに向かい、そこから乗るのがおすすめ。シャトルバスは出発ロビーの前に着くので、1階に降りて、86番バスのバス停に向かう必要があります。国内線ターミナルのバス停はわりとわかりやすいです。

私が乗った時も、後ろの方で並んでいた人は立ち乗りになっていました。旧市街のそばのバス停まで40分ほどかかるので、座った方が楽だと思います。自動車専用道路みたいなところを結構な速度で飛ばすので安全もかねて、座れた方がいいと思います。

(続く)

関連情報

2016年に関西国際空港で夜明かしをした時の記事です。わずか2年ですが、だいぶ当時とは状況がかわっています。 

【北京】北京大学紅楼の建物を利用した博物館「北京新文化運動記念館」へ(北京旅行記6)

 この記事の続きです。

 

景山公園から故宮を見ようと、中国美術館から東に向かって五四大街を歩いていきます。天気もよく、楽しいおさんぽ気分。日本では見かけることのないトロリーバスが走っていました。

f:id:hino0526:20170917145956p:plain

ふと、途中に博物館らしい看板が出ています。「北京新文化運動記念館」という博物館みたいです。面白そう。

「免費」の文字に引かれて恐る恐る中に入ろうとすると、門番の人にちゃんと受付で手続きしてから入れと怒られました。

門の右手にチケットブースがあるので博物館と同じく、パスポートを見せたらチケットをくれました。

f:id:hino0526:20170917150152p:plain

(パスポートの表紙を見せただけでチケットをくれました。これだけでええんかい!)

昔の北京大学の紅楼という建物でした。中国革命の発祥の地の一つとして歴史に名前が何回か出てきます。ここだったんですね。

f:id:hino0526:20170917150323p:plain

紅楼の名前の通り、赤レンガでできています。

f:id:hino0526:20170917150811p:plain

内部は、昔ながらの大学の建物らしい作りです。

f:id:hino0526:20170917151000p:plain

展示は企画展が中国の知識人に関する展示でした。
(中国にはお金持ちや権力者とは違った知識階級が今でも存在しており、人々の尊敬を集めています。)

あとは、中国の教育に関する展示と昔の大学講堂として使用されていた時代を再現した展示がありました。

面白かったのは、教育に関する展示。中華民国時代からの小学校の教科書が展示されていました。偉人のエピソードの教育ビデオも面白かったです。
(字幕つきで簡単な内容なので私にも理解できました。)

f:id:hino0526:20170917151114p:plain

魯迅らが関わったとことで有名な「新青年」の雑誌も保管されており、名前のとおり新文化運動に関する展示もありました。

マルクス革命の論理を中国に導入したのは、新文化運動の成果であると言われています。中国の共産主義革命の元を作った活動の一つとして讃えられています。

大学講堂時代を再現した展示室もありました。
かつて、ここで中国共産党誕生の原点になった五四運動がはじまったのみたいです。

五四運動は、ベルサイユ条約(一次世界大戦の降伏条約)の内容に抗議して始まった大衆運動。抗日、反帝国主義を主張して、ストライキなどが行われました。北京大学の学生が中心的な役割を担い、運動が繰り広げられました。首謀者の学生達は政府から逮捕されますが、後の孫文らの運動にも影響を与えました。毛沢東もこの運動の前後にマルクス主義にふれ、共産主義者になったと言われています。ちなみに、毛沢東は学生時代勉強をしながらこの建物でアルバイトをしていたそうです。

(歩いているときは何も思いませんでしたが目の前の五四大街は、五四運動から名づけられたのでしょう。)

 

f:id:hino0526:20170917151514p:plain

抗議運動のための旗でしょうか。このテーブルで多くの熱い討論がされたのでしょう。

f:id:hino0526:20170917151534p:plain

ガイドブックには掲載されていませんが故宮に近く、旅行者にはアクセスしやすい場所にあります。北京美術館や故宮とあわせて訪問してみてはいかがでしょうか。

解説文は中国語がほとんどで英語が少しといった感じですが、再現スペースや展示物も多いので言葉がわからなくても中国の現代史に興味のある人なら楽しめると思います。
建物もレンガ造りで美しく、一見の価値があります。

(続く)

次は、元々の目的地、景山公園を訪れます。

 

北京新文化運動記念館

北京市五四大街29号

8:30〜16:30(月曜日休館)

関連情報

徒歩5分程度の場所にある美術館です。ちなみに無料。あわせて訪問がおすすめ。また、美術館から東四の駅までは徒歩5分ほどで行くことができます。 

 

 長城への訪問記です