「旅」のことのはぐさ

世界を楽しくめぐろう!

【UAE・ドバイ】アブダビ空港からドバイへ。トランジットの1日でドバイ観光。(前編)

ヨーロッパに旅行した際、帰りにアブダビ空港を経由の飛行機で帰りました。アブダビからドバイへバスで移動し、1日観光を楽しみました。

無料の往復シャトルバス、予約なしで突撃

エディハド航空では、アブダビ発着便利用者に空港からドバイへの無料シャトルバスを運行しています。(トランジットの方も利用可能)到着の24時間前ならホームページから予約ができますが、油断をしていて予約をしようと思ったら、残り20時間ほどとなっていて予約できず。インターネットを調べて見ると、空席があれば予約なしでも乗れるとのことで、突撃してみることに。

予約は↓のページからすることができます。

ちなみに、ドバイからアブダビ空港の帰路もシャトルバスも予約が必要です。こちらは24時間を超えていたので予約することができました。帰りに予定のバスに乗れないと大ごとですからね。

 

空港から出て、左側に進んだところに、バスの発着所があります。係員がいるので、乗りたい旨を申し出ると、しばらく待つように指示されます。

この時に飛行機の券をチェックされました。結構な人数が待っているので、もう乗れないかなと諦めていると、バスが到着。予約している人から乗車が開始され、途中からバスに予約していない人でも乗せてくれます。

受付順なのかと思いきや、近くにいた人からどんどんと乗って行きます。たまたま、ドアのそばに居たので、すぐに乗ることができました。結局、バスは2台あり、待っている人は全て乗れた様子。

無料にも関わらず、高速バスのような立派なバス。出発してすぐ、ミネラルウォーターの配布サービスがありました。無料とは思えないほど行き届いたサービスです。

 アブダビからドバイへは1時間ほど。立派な高速道路が続いています。ドバイでは。エディハドトラベルセンターという場所に到着。ドバイメトロのNoor Bankという駅がすぐ目の前にあります。 

バスが着いてから、トイレに行ったり、少し休んだりと30分ほどだらだらと。それから、目の前に待っていたタクシーで移動をします。

スーク風にはなっていますが・・

最初に訪問したのが、スーク・マディナ・ジュメイラ。どうしてもアラブ風のスーク(市場)に行って見たくて。アブダビには、残っていないそうで、ドバイに来たらどうしても行って見たい場所でした。

建物に入った瞬間は、スークだぁ!となったのですが。

f:id:hino0526:20171011220412p:plain

昔ながらの伝統的なスークを期待していたのですが、ホテルに併設された伝統的なアラブの雰囲気をイメージしたテーマパークの中にショッピングセンターがあるだけ。綺麗ですし、エアコンも効いていますが、何か違います。観光客向けのショッピングセンターを昔のスーク風の建物にしただけといった雰囲気です。

芸術品やお土産を売っているのが少し面白いです。価値があるのか、骨董品屋もありました。ちょっとアラビアンナイトの世界。

f:id:hino0526:20171011220553p:plain

でも、古い伝統的なスークに行きたい方にはおすすめできません。朝ごはんを済ませて、タクシーでドバイメトロの駅まで移動。

もう一つのスークを目指して、ここからは電車での移動。ドバイメトロと名前がついていますが、大部分は高架鉄道で、地下鉄の部分は古くからの都市部のみです。

近代的なビル群を横目に眺めながら、30分ほどの移動します。途中には、世界一高いビル「ブルジュドバイ」や、世界一大きいショッピングモール「ドバイモール」などが有名な施設が目白押し。もっと時間があれば見て行くのになあ。

f:id:hino0526:20171011220748p:plain

すごくギラギラした世界を想像していましたが、あんがい静かで落ち着いた街並みです。暑さのせいか、あまり外を歩いている人を見かけません。途中、電車を乗り換え、到着。

(中編へ続く)

関連情報

ドバイの隣街。アブダビでの1日旅行。 

 アブダビ空港での空港野宿の記録。

預け荷物がトランジット中に溶けちゃいました(海外旅行の失敗談6)

ヨーロッパへ、名古屋からの直行便がない都合と飛行機の料金の安さからアブダビ経由で行きました。往復10万円だったんです。結構安いでしょ。

行きにアブダビ、帰りにはドバイの日帰り観光が楽しめ、トランジット自体は大満足でした。また、行って見たいぐらい。

 

ただ、ひとつ問題が・・・

 

イタリアでおいしいチョコレートをたくさん買ってきたんです。

 

それが、それが

 

全部溶けちゃってたんです。

 

アブダビの気温は、最高50℃に達することもある超激アツの世界。

 

荷物が日光の当たるところに置いておかれたのか。

 

チョコレートが溶けて袋の中が真っ黒。

 

包み紙もチョコレートまみれ。

 

f:id:hino0526:20171001135351p:plain

 

一生懸命、包み紙をとって家で食べましたが、お土産にと考えていたのを急遽、自宅用に変更して、付き合いの浅い人にはお土産なしにする羽目に。

 

暑いところでトランジット(乗り換え)する時は、温度変化に弱いものは手荷物にしましょう。

 

以上、海外旅行の失敗談でした♫

 

 関連情報

 アブダビトランジット時の一日観光の思い出です。

 アブダビ空港って、無料のシャワーまであるんです。1日観光後に出発まで空港で寝ていた時の話です。