「旅」のことのはぐさ

世界をお散歩🎵

【UAE・アブダビ】乗り換えの1日でアブダビ観光!(前編)

ヨーロッパへ旅行した時に、格安な運賃に惹かれ、アブダビ経由で行ってきました。

せっかくなら、アブダビも1日遊べるように、早朝に到着して深夜に出発する飛行機を予約。

初めての中東、わずか1日ですがとってもいい思い出となりました。

早朝のアブダビ空港

早朝6:15のアブダビ空港へ到着、セントレアからの長旅。

飛行機の中でぐっすりと寝たので、体が硬くなってしまいました。ほとんどの人はトランジット(乗り換え)ゲートへ向かい、入国する人は全体の1割程度。ちょっぴり寂しい入国です。

f:id:hino0526:20170928130033p:plain

最初に驚いたのが、UAEの入国審査。

初回の入国審査時に目の網膜が記録されます。出国時はセンサーに目をかざすだけで、一瞬のうちにゲートを通ることができます。新しい国らしい、効率的なシステム。

色んな国で自動ゲートは導入されていますが、全ての人を登録して、利用可能にしている国は初めてです。

ちなみに、パスポートには登録されたことを示すシールが貼られます。気がつかないうちに貼られていて、後で「なんじゃこりゃ?」といことになりました。

f:id:hino0526:20170928125547p:plain

 

ゲートを出ると、早朝で人出は少なく静かな空港。

目についたATMで、UAEのお金ディナールを下ろします。(マスターカードで出金しました。早朝にも関わらずスムーズに出金できました。)

 

入国ロビーに、実物大の金色のラクダを発見。空港内にもいくつかありました。UAEらしく、気分を盛り上げてくれます。

f:id:hino0526:20170928130253p:plain

 

到着ロビーの目の前にあるバス停から市内行きのバス(A1 アルザヒヤエアターミナル行き)に乗ります。チケットの販売機らしきものがるのですが、動いておらず、お金を吸い込みもしません。バスが来てしまったので、とりあえずどうやって乗ったらいいのか、運転手に聞いてみると、とりあえず乗れとのジェスチャー。ちょっと不安なままにバスに飛び乗ります。

バスの車窓から

バスの車内も、静かで落ち着いています。アジアのバスみたいに、運転手さんが勝手に音楽をかけることもないですし、大声で喋る人もいません。移民の労働者が多いのか、アジア系の人が多いです。

お金持ちになってしまったUAEの国民はバスなんか乗らないのでしょうか。アラブ風の人は、バスの中に一人もいません。観光客らしい人も、ほとんどいません。

道路が、とてもキレイです。ゴミはほとんど落ちておらず、美しい並木が続きます。

暑くなる前に作業をする必要があるのか、ゴミ拾いの作業をしている人を時折見かけました。政府が相当気を使って街の美化に努めている様子が伺えます。

行き交う車は大きなセダンが多く、ピカピカに輝く新車ばかりです。石油で潤った、豊かな、暮らしぶりが伺えます。

川を渡ると、巨大なモスクが車窓から見えて来ます。有名な「シェイク・ザイード・グランド・モスク」。

オープンは、9:00かららしいので、とりあえず通り過ぎ、後で訪れることにします。(金曜日は、礼拝の関係で開放時間が16:30〜22:00になるので注意)

バスはどんどんと街中に入って行き、1階に商店の入ったビルが立ち並ぶようになります。市街地に入ると、古そうなビルが増えてきます。

1時間ほど乗っていると、アブダビモールという巨大なモールが見えたので、ここで時間を潰してみようと、下車することにします。

f:id:hino0526:20170928131400p:plain

バスの料金を出そうとすると、「ええよ!」とばかりに受け取らずにそのまま走り去って行きます。(おそらくですが、英語が下手くそな私たちに説明するのが面倒臭かったのでしょう。)

小さなラッキーに感謝して、アブダビモールへ。ショッピングセンターは、オープンしていますが、中にあるお店は、営業時間外でほとんどやっていません。

2階でなんとか見つけた、営業しているカフェをのぞいて見ると、「えっ!」というぐらい巨大なケーキが。ショーウィンドウをじっと見ていると、店員の方が食べていかないかと声をかけて来ます。

f:id:hino0526:20170928131616p:plain 

メニューを見せてもらうと、大きさの割に、それほど高くもありません。巨大ケーキも切ってくれるようなので、この店にで時間を潰すことに決定。

ちなみにこのお店にいるのは、私たち以外に1組みのお客さんがいるだけでした。こんな時間に営業していても赤字だろうな。

驚くほど巨大なケーキ。ドリンクも大容量で、だらだら時間を潰すのには最適でした。下に写っているのが、私の愛用のガラケー(標準的な折りたたみ式です。)。ケーキとドリンクの巨大さがわかりますでしょうか。

f:id:hino0526:20170928131544p:plain

アブダビの誇る巨大モスク

9時になったのでショッピングセンターを出て、タクシーで「シェイク・ザイード・グランド・モスク」へ。

バスだと何度も停車していたので随分と時間がかかりましたが、タクシーだとスイスイ。車線数が多く渋滞がほとんどないのがいいですね。30分もかからず到着し、料金は40DA(日本円で約1,200円)でした。

 

モスクの随分と手前で、ここから歩いて行けとタクシーを降ろされてしまいました。9:30にも関わらず、かんかん照りで激アツ。

他には、私たちの直線に一人、タクシーを降りた以外、誰もこない。アブダビでもっとも有名な観光地のはずなのに・・「こんなに人気のないの?」といぶかしながら、モスクに向かって歩きます。

とにかく暑い。

f:id:hino0526:20170928134551p:plain

日本の真夏よりもさらにもう1段階暑くなった状態。

300メートルほど歩くとセキュリティゲートがありました。

手荷物検査を受け、入場します。

この時に、女性は服装がNGと判断されるとアバヤの貸し出しとなります。(妻はアバヤ貸し出しとなりました。サイズのあっていないアバヤを貸し出され、まるで魔法使いのように。一番小さいサイズでも日本人には大きいようです。)

敷地入ると涼しげな噴水が出迎えてくれました。アラブの王宮みたいですね。

f:id:hino0526:20170928134744p:plain

真っ白い大理石の敷き詰められた巨大な広場は、ちょうどお掃除の最中。3人組でモップをかけています。日差しが半端じゃないので、辛い作業だと思います。

f:id:hino0526:20170928134819p:plain

左へ進み、モスク内部へ入ります。靴はここでお預け。

入口のロビーは、様々な色の石で植物が表現されています。コストも手間もかかっていることでしょう。

f:id:hino0526:20170928134953p:plain

床のデザインのアップです。石の組み合わせでで朝顔?が作られれています。とってもゴージャス。

f:id:hino0526:20170928135330p:plain

天井のドームにも驚くほど細やかやな植物のデザインが施されています。シャンデリアも植物を模したデザインになっています。全て、大理石を彫っているというのがすごい。

f:id:hino0526:20170928135505p:plain

ゲートをくぐり、メインドームへ。

(続きは中編へ)

関連情報

アブダビ空港での空港野宿の記録です。

 アブダビ空港からドバイへ。エディハド航空の無料バスで移動します。