「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

エディハド航空でセントレアから北京首都空港へ(北京旅行旅行記1)

一昨年のゴールデンウィークの休暇を利用して北京に行ってきた時の旅行記になります。途中で書きやめとなっていましたので、ことのはぐさから転載して、今度こそ最後まで掲載したいと思います。プサン旅行記も並行して書いていきますので、一緒にご購読いただけると嬉しいです。

 

北京は、流行りのPM2.5で空気が悪いのかなと懸念をしておりましたが、労働節の連休だったせいか、空気の悪さを感じることはなかったです。

驚いたのが町中に大きな綿のようなものが、飛んでいたこと。

聞いてみたところ「花粉(綿毛)」らしいです。

 

地下鉄の駅にまで入り込んでおり、いたるところに白いものが
ぷかぷか浮かんでいるのは不思議な光景でした。

北京の5月の風物詩らしいです。

 

今回の旅行はセントレアからエディハド航空という中東の航空会社を利用。

セントレアから北京を経由し遠くアブダビまで向かう便です。


チケット価格が北京ーセントレアでは、だいたい最安値で販売されており、2016年に行った時もこの便を利用しました。

オイルマネーで潤う(最近はそうでもないのかな?)

中東の航空会社らしく設備やアメニティが充実していました。枕も使い捨てらしく、歯磨きや目隠しまでついています。

2回目に言った時は、さすがに枕までは、つかなくなっていました。原油価格の下落と関係あるのかな?

 

とっても便利だったのが、飛行機の座席にコンセントがついていたこと。USBとコンセント(さまざまなタイプがさせるようになっている形式)が、準備されています。

おかげで搭乗中は、バッテリーを気にせずスマートフォンが使い放題♪

f:id:hino0526:20170524181240p:plain


(わかりにくいですが、右下にあるのがコンセントです。USBを直接差し込めるコネクターもありましたが、私のスマホではなぜか充電できず。)

 

機内食は和食を選択、かつ丼でした。味はまあまあ。
ちょっぴり残念だったのが飲み物。

メニューには色々書いてあるのに、品切れが・・
私が変わったものを頼んだせいかもしれませんが、無いのならメニューに載せないでほしいですね。

f:id:hino0526:20170524181307p:plain

1時ごろに北京空港の第3ターミナルへ到着。
乗務員もここで交代する様子でした。

北京首都空港は、巨大なターミナルです。
ターミナル内部を走っている電車もかなりのスピードを出していました。あまりの巨大さにそれでも一駅3分ほどかかりました。どれだけ大きいのでしょう(笑)


中国のインフラ設備の巨大さには、いつも度肝を抜かれます。

2019年には、さらに大きな北京大興国際空港(北京首都第二空港)が開港予定らしいとのことですがどれほどの大きさになることやら、想像もつきません。

北京大興国際空港

現在の北京首都空港が逼迫していることから新たに建設される北京の新空港です。新国立競技場で有名になった、ザハ・ハディド設計のメインターミナルは、ヒトデのような5本足に伸びた格好になり、巨大ながらもアクセスは容易になる革新的なデザインになるそうです。急ピッチで建設されているようですが、アンビルドの女王と言われる彼女のデザイン、予定通りに建設できるのでしょうか?

2025年に完全完成の予定で、全て計画通りに建設されると利用客数は1億人となるそうです。中国は、現在の首都空港と大興国際空港で、東アジアのハブ空港競争に打って出る計画のようです。

距離的に近い、仁川空港は相当危機感を持っているようです。

写真は、北京首都空港の到着ロビー。これでも十分大きいです。

f:id:hino0526:20170524181335p:plain

深夜に街中まで行くのは、タクシー代が高くつきそうだったので、宿泊費の節約もかねてターミナルで寝ることに。
空いているベンチ(硬いベンチでしたが、手すりがないのでゆっくりと横になれました。)を占拠して宿泊しました。

深夜にもかかわらず到着ロビーは、人が多かったので出発ロビーへ。
(全然、ベンチが空いていませんでした。)

出発ロビーでも同じことをしている人がいましたが、空いているベンチもちらほら。
寝ていても警備員に注意されてたりすることもなく、まあまあ快適な睡眠ができました。
(夜中に掃除の小さな車両が走っているのが若干うるさかったです。)

この時の体験は、空港宿泊シリーズの北京首都空港第3ターミナル編をご参照ください。

5時ごろになると人が出てきたので荷物をまとめて朝食に。
レストランでチキン入りのおかゆが20元ぐらいでした。
薄味でしたが、おいしかった〜。
朝に、お粥はいいですね。

f:id:hino0526:20170524181402p:plain

お腹も一杯になったので、最初の目的地「万里の長城」へ行きまーす。

(北京旅行記2へ続く)

 

関連記事