「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

プサン名物の焼きサバを堪能(プサン旅行記2)

2日目の朝。昨日、ロッテマートど購入したスーパーで購入したビターチョコ味のチルドコーヒーとパンという簡単な朝食♬
コーヒーは適度な苦味が、パンはしっとりしており、美味しい。

日本のレベルを超えつつある

と感じました。


地下鉄1号線にのり、沿岸部の繁華街、チャガルチへ。
美味しい海の幸が楽しめるそう♬
プサンタワー(現在改装中)や国際市馬なども徒歩圏内です。

6年前にソウルへ行ったときには、地下鉄に物売りや物乞いの方がおり、
カルチャーショックを受けましたが、
今回の訪問では車内は、とてもキレイで静か。

日本の地下鉄車内と遜色がなくなっています。

一方でかつては、座っている人が立っている人の荷物を持ってあげたり、
若い人がお年寄りに席を譲ったりする光景が頻繁に見られ、
これにも随分とカルチャーショックを受けました。

しかし、これらの暖かな風景も、
雑多な雰囲気と一緒に消えつつあるように感じます。

農協の経営するスーパー「ハロナマート」

駅前に、農協が経営するハロナマートというスーパーがあるそうなので立ち寄ってみます。
8番もしくは10番出口を出るとすぐ目の前にあります。

中に入ると昔懐かしさを感じされる雰囲気。
日本の農協のAコープ等と比べると少し古臭い感じです。

1階には、農産物やキムチなどがたくさんの種類が並べてられており、さすが農協のスーパーといったところ。
お米が大量の種類があったのが印象的でした。

魚の練り物のような加工品も売られており、色々興味がつきません。

キムチやチャンジャなどはお土産になるかもしれません。

エスカレーターがあり、結構な人が2階へ上がって行くのでついていって見ることに。
乾物やお菓子、韓国のりにコチュジャンやテンメンジャンが。

のんびりと見ていると、店員さんが日本語で
「高いのに、安いよ。コチュジャンたくさんありますよ。」
と話しかけて来ました。

高いのに?安い?

えっ!

となりましたが

他の人にも同じ売り文句で売ってましたので
「品質がいいのに安い」とでも言いたかったのでしょうか。

「えっ」となってしましたが、
押し付けがましましくなく、ジャンの特徴などを説明してくれ
いい店員さんでした。

値段も安かったので、小さなコチュジャンを一つ購入!

現地の食品類に興味があるなら
広すぎず、種類豊富な、ハロナマート
おすすめですよ。

お土産探しにも。

プサン名物の焼きサバ定食

名物の焼きサバを求めて海の方へ向かって見ます。
長屋のようにいくつかの店が同居した建物があり、4件並んで焼きサバを出しているお店が入っています。

場所はこちら、ハロナマートのすぐ裏手です。

どのお店でも一人前4000ウォンらしいです。
一番混雑していた、奥の店へ。

中に入ろうとすると、あれいっぱい?
と思ったらお店のおばちゃん(オモニっていうのかな)が
若い男の子をきつい口調で追い出して
さあどうぞと迎え入れてくれました

関係者らしく食事もしていなかったのですが
なんか申し訳ない・・
おばちゃんの息子かな

その後も手持ちぶたさに立って店の前でパンフレットを読んでました。
立たしてすまぬ。

さて、気を取り直して
メニューは一つなのか、
何も言わずに前菜から運ばれて来ます。

簡単な日本語で食べ方をレクチャーしてくれます。

肝心のサバは

臭みがなく
お・い・し・い

新鮮なサバだからでしょうか。
今まで食べたことのないほど美味です。
(私は太平洋側にしか住んだことがないので、日本海側の魚が美味しい場所に住んでいる人には物足りないかもしれませんが・)

店頭に並んでいた調理する前のサバは目が輝いており
新鮮さがありありと伝わって来ます。

二人前でこんな感じ。
キムチやナムルと焼きサバって意外と合うんです。

サバ定食、ありですね♬

プサン旅行記3に続きます。
hino0526.hatenablog.com