「旅」のことのはぐさ

世界を楽しくめぐろう!

【クアラルンプール】マレーシアの歴史を学ぶことができる、クアラルプールの国立博物館と都会のど真ん中に広がる巨大な庭園、レイクガーデン。

マレーシアの国立博物館。その名も単純に「National museum」です。マレーシアの歴史に関する展示を主としており、マスジッドネガラのそぐそばにあります。

クアラルプール駅、KLセントラル駅から徒歩で行けます。

(KLセントラルから、距離は近いのですが、道がわかりにくく、ちょっと危険な車道の横断もあることから、あまりおススメはできません。クアラルプール駅から行った方が、安全でわかりやすいと思います。)

f:id:hino0526:20160808192613p:plain各国の国立博物館と比較するとささやかな規模。

国家の威信をかけて巨大な博物館をつくるあまりに、脈絡がなくなってしまい、何でも揃っているけど、テーマがないので、ただ行って見ても面白くないということが多いです。

原始時代からはじまり、イスラム教の伝播、ポルトガル・イギリスによる植民地時代。

そして、日本軍による占領時代の展示もあります。陸軍の自転車部隊の自転車などや悪名高い軍票などが展示さていました。

その後、イギリスからの独立と経済発展の歴史と続いていきます。

屋外には昔の交通機関、ケーブルカーや電車、車が飾ってあります。

しかし、クアラルプールにあるマレーシア国立博物館は、歴史展示に内容を絞っており、しかも歴史の流れにそってわかりやすく展示されているので、マレーシアの歴史に詳しくない人でも気軽に楽しむことができる内容になっています。

都会の中にある巨大な庭園、レイクガーデン

敷地の横からは、レイクガーデンという巨大な庭園に向かうことができます。ここはとっても立派で素敵な庭園なのですが、地元の人には人気がないのか、いつもがらんとしています。

熱帯の植物が美しく配置されており、さすがイギリス植民地だなあと感じさせる出来になっております。手入れも行き届いており、熱帯の植物を楽しむことができるので、あわせて訪問してみてください。

国立博物館から近い位置に、珍しいフルーツの樹木を植えたエリアがあります。さらに北側に行くと、当地を代表する樹木であるTembusu Treeという木の周りをウッドデッキによる散策が楽しめます。結構、ワクワクしますよ。

レイクガーデンと言われる通り、大きな池があります。この池の周りが本当に綺麗なんですよ。セントラル駅付近のビル街をバックに。

自転車のレンタルやトラムもあるので、じっくりと回りたい人はこちらの利用も考えてみるといいでしょう。

園内の写真をいくつか続けてお楽しみください。

 

日差しが強いので、日焼け止めと帽子を忘れずに持って行った方がいいでしょう。

敷地内には、国立プラネタリウムとバードパークもあります。

information

国立博物館"National Museum of Malaysia"

入場料:5リンギット

電話番号:03 2267 1111

営業時間:9:00-18:00 

場所:Department of Museums Malaysia, Jalan Damansara 50566, Kuala Lumpur, Malaysia

公式サイト(英語・マレー語):http://www.muziumnegara.gov.my/

レイクガーデン”Perdana Botanical Garden”

入場料:無料

電話番号:03 2617 6404

営業時間:7:00-20:00

場所:Tun Abdul Razak Heritage Park, Kuala Lumpur 50480

公式サイト(英語):http://www.klbotanicalgarden.gov.my/

 

次はどこへ行こう

徒歩圏内です。セントラル駅から、レイクガーデン・国立博物館へ行くのは、立体道路の車道を横切る必要があるのでオススメしないです。(車の通りは多くないですが、お子さんを連れてとなると厳しいと思います。)クアラルプール駅からでしたらそれほど危険な場所を通ることなく、行くことができるので、駅舎を観光がてらクアラルプール駅から行くのがオススメです。


クアラルプール駅の目の前にあるので、あわせて訪問するといいでしょう。巨大なモスクは見ごたえ抜群です。お参りの時間帯は入れないので、事前に時間をチェックしてください。