読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

町外れをサイクリング(ルアンパバーン旅行記22)

自転車に乗って間もなく進むと、舗装が・・・なくなりました。

ボコボコと穴ぼこの空いた未舗装道路です。

 

f:id:hino0526:20150207130101j:plain

 

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、雨の時に水が流れた跡がそのままになっており、すごくボコボコしていて自転車では走りにくい。

(ここまで酷い道路って、日本じゃ林道でも無いんじゃないかな。何気ないことですが、インフラって大事だなあと思いました。)

 

f:id:hino0526:20150207130052j:plain

 

本当に、これで道があっているのかめちゃくちゃ不安になります。

 

だって、何にも看板とか無いんだもん。私道?って思うレベルです。

 

ちょっと様子見してみようと、休憩がてら木陰で休んでいると、ときおり通り過ぎる現地の人は、車や原付でもそのまま突き進んでいきます。(スピードすらゆるめない( •̀ㅁ•́;))

 

反対側から観光客らしい白人の二人組通り過ぎて行ったのを見て、再び漕ぎだします。

 

平らなところはいいのですが、水が流れた後のような大きくえぐれているところもあり、自転車でも辛い。たぶん車だと、ムッチャクチャゆれるでしょう。

(二駆の車は無理かも)

 

少し進むと機織りの村に着いたようで、機織り機で織っている女性の姿が目に付きます。店頭には生地も並んでいました。

 

中にはブティクのようなショップもあり、クレジットカードの看板が掲げられています。

 

でも、ぜんぜんお客さんがいな〜い

 

(シーズンオフだからかも、考えてみればウイスキーづくりの村もぜんぜんお客さんを見かけませんでした。洞窟や街にはたくさん観光客はいるのですが、、)

 

ウイスキーづくりの村(ルアンパバーン旅行記11) - 「旅」のことのはぐさ

 

チキンなので、声かけられまくったらどうしようと思うとついに入れず。

そのまま通り過ぎました。

(写真すら撮らず、、ちょっと後悔)

 

「よってきなよ〜」みたいな声がけはありませんでした。ラオスらしい、のんびりしたところです。

 

さらに奥へ自転車をこぎ続け、奥へ進んで行きます。

 

続く

 

hino0526.hatenablog.com