「旅」のことのはぐさ

世界を楽しくめぐろう!

【マレーシア・KL】クアラルンプールから、エアアジアでラオスの首都ビエンチャンへ(ルアンパバーン旅行記2)

この記事の続きです 

 

次の日の朝5時に起きてに荷物をまとめ、クアラルンプール空港へ。早朝にも関わらず、KLセントラル前の安宿街は人がたくさん歩いています。彼らは何をしているのだろうか…そして何時寝ているのか。人ごとながら気になります。

早朝の眠いかなKLIA2へ

あまりの朝の早さに眠くてつらい。

ですが、飛行機に乗ってしまえばぐっすり寝れる。

なんとか気合いを振り絞って空港行きのバスへ乗り、空港へ。

クアラルンプールセントラル駅とKLIA2をつなぐバスは、0時から3時の間を除いて運行しています。

ただし、夜間早朝は便数が少ないので時間に余裕を持った行動をおすすめします。乗降客が来て、バスが一杯になるまで出発しません。

エアアジアの航空券と一緒に、エアアジア直営のスカイバスのチケットを購入できますが、エアアジア以外のバス会社も同じ路線を運行しています。

チケットを予約していなければ、早く来たバスの方に乗ることができるので、飛行機チケットと一緒にバスを予約しないのがオススメ。

新ターミナルの不満は動く歩道がほとんどないことです。

眠い中荷物を持って歩くのは、とってもつらい。

ラオス行きのエアアジア機内

ラオス行きの飛行機は、搭乗率7割ぐらいでした。マレーシア人の旅行者らしい人が多いです。一部には、中国人か韓国人か、もしくは日本人といった雰囲気の人もチラホラと見かけます。チケットの値段は往復で1万円ちょっとでした。

 

ラオス行きの航空機から下を除くと、田園が広がる光景が見えました。田園と言っても日本のそれとはちょっと違います。水が多く、まるで沼のように見えます。

 

ところどころには養殖場でしょうか、四角く区切った池が見えます。

 

この風景はラオスの隣国、 タイの北部地域でしょうね。未だに行ったことのない国の景色に目を奪われてしまい、結局ほとんど眠ることはできませんでした

f:id:hino0526:20141130110609j:plain

△機内から見えたタイの田園風景

 

ラオスの首都、ビエンチャンはタイからメコン川を渡ってすぐの場所にあります。両国をつなぐ橋は、物流ルートであるとともに、友好橋(フレンドシップブリッジ)として観光地にもなっています。

2015年12月に友好橋を渡って、ラオス入りを果たしました。

 

 

入国審査

クアラルンプールからは、2時間ほどでビエンチャンの空港へ到着!

 

イミグレーションの職員が、軍服のような服を着ており、まるで軍人さん。

威圧感が、、、スゴイ

 

物腰は丁寧でしたが、社会主義国という知識とあわさって、並んでいる間ドキドキしていました。結局、どうということなく、簡単にポンと入国のスタンプを押してくれました。制服を除けば、ごくごく普通の入国審査でした。

 

f:id:hino0526:20141201050638j:plain

△日本の地方空港のようなビエンチャン空港。ラオスでは珍しいエレベーターがあります。

到着ロビーには旅行客待ちの客引きだらけかと、身構えていましたが、実際にはほとんど人がおらず、肩すかし。

 

空港内にはATMと両替所が揃っていたので、日本円1万円分を両替所で交換し、ATMも試しに1万円ほどの金額を下ろしてみます。どちらも全く問題なく完了!

両替所のお姉さんの愛想が良かったのがGOOD。うまくラオスの通貨キープが手に入ったことで気分が良くなってきました♪

 

ビエンチャン、ルアンパバーンは両方とも観光客が行くこところなら、街中に両替所やATMがあり問題なく両替できそうでした。さらに、観光客が行くところなら、タイバーツもしくは米国ドルでの支払いも受け付けてもらえました。

 

次は、空港から市街地へどうやって移動するかです。できればバスで安くすませたいところですが・・

どこにもバス停の案内看板がありません。

 

(続く)

次回は、ビエンチャンの国立博物館へ行きます。国を代表するミュージアムとは思えないほど、ささやか。だけど、けっこう面白い。

関連情報

 タイからビエンチャンへ寝台列車とバスを乗り継いで旅行した時の話です。

 

上の話の1話目です。最初からご覧になってくださる方はコチラを。