読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

【和歌山】和歌山市立博物館に行ってきました!

和歌山

和歌山市駅から歩いて3分ぐらいのアクセスの良い立地。駅をでて右側に歩くだけです。

バス停と川を超えると文化会館が見えるのでそれを横目にさらに歩くと、図書館と博物館が一体になった建物が見えてきます。

(和歌山放送のビルまで行ったら行き過ぎです。)

文化会館や図書館など和歌山市の文化施設が集中する、静かで落ち着いた雰囲気のエリアに立っています。

 

館内は外から想像したよりも広い展示室でした。このボリュームで入館料100円ならお得だと思います。じっくり見れば2時間、さっと見たら1時間程度のボリュームでしょうか。

 

和歌山市の歴史を原始から戦中まで辿っています。一番、楽しめたのは、中世(雑賀衆や秀吉が攻めてくる時代)や近世(徳川御三家のひとつとして紀州55万石の城下として日本有数の都市として発展していた時代です。)の展示。


江戸時代の和歌山の町並みを再現した模型は大きく迫力があります。

今でこそ和歌山市は、関西の一地方都市になってしまいましたが、人口全国トップ10に入るほど栄えた時代もあったようです。

 

歴史の流れにそって興味を持ちやすいように工夫された展示で、興味も持ちやすいと思います。


残念ながら全く流行っていないようで、3連休中に訪問したにも関わらず、入館から退館まで2時間ほどいましたが、他の観覧者に出会いませんでした。

 

結構、面白いのにもったいない。外観がお硬そうなのが原因でしょうか。建物が古いので少し空気が重いのも事実です。


まあ、訪問者としては、裏を返せばゆっくりと落ち着いて見ることができます。私が訪問した時は、ちょうど特別展が入れ替え中でやっていない期間でした。特別展の開催期間中は訪問客がもう少し多いのかもしれませんので、混んでいたとしてもあしからず。

 

二階には資料室として、小さな図書館のようになっています。和歌山市に関する古い本が色々とあるので、興味のある方はお立ち寄り下さい。

 

■和歌山市立博物館 Wakayama City Museam

和歌山県和歌山市湊本町3丁目2番地

常設展入館料 大人100円 高校生以下無料

 

広告