「旅」のことのはぐさ

Orient Travels of Hino

タイ東北部・ラオス旅行記

友好橋を越えてラオスの首都ビエンチャンへ(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記6)

次の日は、ラオスに向かおうと、国際バスが発着するノンカーイの中心あるバスターミナルへ行きます。 新しそうな青いバスがすでに停車しています。”international BUS”の文言が誇らしげに書かれています。 窓口でチケットを購入しようとすると、まさかの売り…

ノンカーイのシンボル、ワット・ポー・チャイ(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記5)

この記事の続きになります。 信仰を集める、ノンカーイのシンボル「ワット・ポー・チャイ」へ ノンカーイのシンボル的存在である、ワット・ポー・チャイというお寺へ。 小さな町には不釣り合いなほどの信仰を集めており。タイ全土はもとより、ラオスからも参…

ノンカーイの街を探索(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記4)

この記事の続きです。 hino0526.hatenablog.com ウドンターニにまもなく着くのか、「ウドン、ウドン」の呼びかけで目を覚まします。まだ、朝の5時で少し眠い。 到着時間もどうせ遅れるとたかをくくっていましたが、このままだと定時どおりに到着していしま…

ウドンターニ駅の東側は、中国文化の発信地!

タイ東北部で、最大級の街がウドンターニです。 珍しく、市街地に駅が存在し、ナイトマーケットをはじめとして、多くのお店が駅の西側に集まっています。 大きなデパートや近代的なショッピングセンターから、昔ながらのマーケットに米軍が駐留していた時代…

ノンカーイへの寝台列車(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記3)

「タイの鉄道が時間通りに来るはずない!」と根拠のない思い込みを信じて、出発時間のぎりぎりにホームに着けばいいやと算段。時間調整のために喫茶店でゆっくりとコーヒーブレイク。これが失敗でした。コーヒーは値段が高い上に、いまいち。さらにヨーロッ…

王宮でエメラルド仏に参拝(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記2)

鳩の餌の押し売りを、間一髪で逃れる 路線バスに乗り込み、エメラルド仏へお詣りをするため、プラケーオへ移動します。バンコクのバスは、わかりにくいですね。グーグルマップが、なければとてもじゃないけど使いこなせません。しかもバス停がタイ語表記しか…

台北経由でバンコクへ(タイ東北部・ラオスビエンチャン旅行記1)

2015年12月のタイ東北部・ラオスビエンチャンの旅行記です。まずは、台北乗りの替えのバンコクまでの飛行機の旅を。

ノンカーイ市街地から徒歩で行ける観光スポットとおすすめホテル

ノンカーイ(ノンカイ)のシンボル的存在、ワットポーチャイとノンカーイ博物館、ノンカイシティホテルなどの体験談です。

ノンカーイで最も人気の観光地、奇妙な仏教テーマパークの「サラケオク」に行ってみました。

ノンカーイの仏教テーマパーク「サラケオク」に行きました。噂通り、強烈なインパクトの仏像が出迎えてくれます。郊外にあるので、行くのが少し手間ですが、規模も大きいので、変わったもの好きな方は、たまらないと思いますよ。

廃駅になったノンカーイ旧駅(ノンカーイ市場駅)とノンシン公園にいってみました。

旧ノンカーイ駅の現状を見てみたく、実際に訪問してました。思ったよりもキレイに整備されている。 あとは、駅のそばにあるノンシン公園”Nong Thin Public Park”もあわせて訪問しました。

タイ国鉄の寝台列車に乗って、バンコクからラオスとの国境の町、ノンカーイへ(後編)

バンコクからノンカーイ行きの寝台列車の旅の記録です。ウドンターニ駅からの後編です。

タイ国鉄の寝台列車に乗って、バンコクからラオスとの国境の町ノンカーイへ(前編)

バンコクからラオスまで、てっとり早く行きたいと思ったら、飛行機による移動がオススメです。時間も早いですし、エアアジアなどの格安航空会社が就航しているので、時期にもよりますが、往復1万円以内でチケットを手配できます。 しかし、日本ではほぼ絶滅…

ラオスの首都ビエンチャンからタイのウドンターニまで国際バスでの移動

ラオスの首都ビエンチャンから、直通バスでタイ北部の都市ウドンターニーまでの体験記。旅行会社のチケット購入とバス料金表、国境を越える際の経験も掲載しています。ラオス側のイミグレーションがややこしいのでご注意を。

タイ・ラオス友好橋でノンカーイからビエンチャンへ国境越えをしてみました。

タイのノンカーイ(ノーンカーイ、ノンカイ)からラオスのビエンチャン(ヴィエンチャン)まで、トゥクトゥクを乗り継いでタイラオス友好橋を越えたときの体験談です。ラオスのイミグレーションがとってもややこしい。