「旅」のことのはぐさ

世界をお散歩🎵

【鳥羽・菅島】独自の文化を保ち、ゆったりした時が流れる離島「菅島」

本土からわずか15分の距離にある、お手軽離島の菅島

三重県鳥羽市は、多島海で有名な地域です。瀬戸内海と比べても見劣りしない、日本有数の美しい海を持つ地域と言っても過言ではありません。6つの有人島が存在し、神島は、三島由紀夫の小説、「潮騒」に出てくることでも有名です。

 

今回、ご紹介する菅島は、その鳥羽の離島の一つ、沖合3キロに位置し、定期船でわずか15分ほどで行くことができます。付近の島の中では、2番目に大きく人口は600人ほど。しかし、そんなアクセスの良い土地ながら、実際に行ってみると、現代の日本とは思えない、どこか懐かしいような景色を楽しむことができます。

 

まずは、鳥羽マリンターミナルへ

 

鳥羽駅の前にある、鳥羽マリンターミナルから500円で定期船が出ています。2時間に1本ほどしかないので、鳥羽市定期船の事前に時間を確認することをオススメします。

※フェリーターミナルとは、違う場所にあるので注意!

鳥羽市/鳥羽市営定期船

 

車で来た方は、マリンターミナルの付近の駐車場に長く停車すると割高になるので、駅の西側に駐車すると良いですよ。駅の西側にある、鳥羽水族館の駐車場なら5時までなら何時間でも500円で駐車が可能でした。

鳥羽駅周辺には、鳥羽城や江戸川乱歩館(鳥羽みなと町文学館)などいくつかの見所があるので、ゆっくりできる駐車場に停車してあわせて訪問すると良いですよ。

 

近代的な鳥羽マリンターミナル。切符を購入し案内表示に従って、菅島行きの埠頭へ。まるで、電車のプラットフォームのようで、日常で船に乗らない私には、新鮮な経験。気持ちが高まってきます。

やってきた船は、予想と違って近代的な定期船。二階には、オープンテラスの席まであります。ただ、休日でしたが、あまり観光客は3組ほどしか見当たらず、地元の方々の利用の方がメインの様子でした。中も美しい、離島に行くというよりも空港への連絡船が似合うような最新鋭の船です。

  

わずかな15分ほどの時間の間ですが、美しい多島海をクルーズを楽しむことができます。遊覧船もあるだけあって、本当に美しい海です。

 

島につくと、ここでも切符をチェックされました。下船時まで、切符は持っておきましょう。

 

菅島に到着

下船した先は、まるで駅前のように、自転車や原付そして、島の交通手段の基幹を担う軽トラックがところ狭しととまっています。

人と一緒に荷物も降ろされ島の各地へ配達されていく様子。アマゾンのダンボールも目に入りました。

降りてすぐの場所にあった菅島の観光案内板。山頂にある慰霊碑は、かつて自衛隊のCー11飛行機が墜落した菅島事故を悼んだものです。今でも、飛行機の残骸が見つかるそうです。

 海産物の島

港付近で入るのが、海藻や魚を干している姿。女性たちが一生懸命、海藻をほぐして、干す様子が目に入ります。

港のコンクリート一面に干されています。海産物は菅島の主要な産業となっているようです。港にある売店では岩海苔を売っていました。帰りに一つ、買いましたが大変に美味でした。

海産物の集荷センターも。集荷セソターに見えるには、私だけでしょうか(笑)

道路にも干されていますが、暗黙の了解なのか、車1台が通れるようになっています。後ろに写っているのは漁協です。ATMが平日しか稼働していません。(菅島では、休日や夜間にお金を下ろすことができないのです!)

漁協の売店や、ガソリン販売施設などもあり、冷蔵庫の貸し出しの決まりなど、漁業に普段接しない人には、興味のわく場所です。

日本最古の現役煉瓦灯台へ

集落自体も魅力に溢れていますが、まずは、菅島観光のメインである、現役日本最古の煉瓦灯台である菅島灯台へ行ってみることに。

集落から北へ山を超えて行く道もありますが、途中で島の方々からしし(イノシシ)が出るのでやめたほうがいいと言わたので、一般的な海沿いの道を回ることに。

海沿いの道は軽自動車ならなんとか通れるかなという道。ハイキングにはもってこいです。

高台から集落を振り返った様子。集落よりも港の方が大きいほど。

途中の道すがらには、崖上からの絶景も楽しめました。

だいたい30分ほどで灯台に到着。途中に東屋やトレイなどもあり、ハイキングしやすい環境です。少し、アップダウンがありますが、それほどではありません。途中には、獣をとるワナや野生?のみかんなども生えていました。

菅島灯台の言われが書かれた看板です。かつては灯台守の宿舎だったのでしょう、建物が建っていた跡が残っています。

小さいながらも美しい白亜に塗装された存在感のある灯台。江戸時代にはすでに篝火が灯されていたと伝えられています。この付近は鬼ヶ崎と言われ、海の難所だったようです。

1873年には現在の灯台が建てられました。日本ではもっとも初期に建てられた灯台の一つです、すぐ隣の志摩市にある、安乗崎灯台もほぼ同時期に建てられましたが、こちらは木造だったせいか、建て直されており、現存しておりません。

ベンチなどもあり、のんびりと美しい風景を楽しみながら食事などもできそうです。

しろんご浜

帰りに寄り道をしてしろんご浜へ。白髭神社のすぐ下にあり、年に1回、しろんご祭という、海女の祭が開催されます。

神社へ海上安全と豊漁を祈願して島中の海女がアワビを競い合って獲ります。一番に獲った海女は、海女頭として1年間、皆の尊敬を集めるそうです。

普段はお祭りのために禁漁となっているそうで、静かな浜辺でした。白い砂浜が印象的です。

集落を散策

さて、もう一度、集落へ戻り、路地を散歩してみます。子供たちも多く、離島ながらも活気があります。

最近では見ることも珍しくなった、鯉のぼりも複数の家で上がっていました。

鯉のぼりの下に座布団を半分に切ったような不思議なものが掲げられいます。おそらく、宗教的な慣例なのでしょう。「蘇民将来子孫家門」の護符もほぼ全ての家でかがげられており、古くからの伝統的な風習が今もしっかりと伝わっていると思われます。

蘇民将来子孫家門とは

伊勢志摩地区に伝わる民間信仰の一つです。スサノオミコト(以下 命)がかつて、この地を旅した時に、一夜の宿を求めました。最初は、お金持ちの長者の家に行きますが、命の汚い姿を見ると、けんもほろろに追い出してしまいます。次に蘇民将来の家に行くと、貧しいながらも心の篭った歓待を受ることができました。命は、感謝をし、子孫は蘇民将来子孫門と書いた護符を張るように言い残しました。

ある時、疫病が流行りましたが(命自身が疫病を流行らせたという話のバージョンもあります。)、護符の貼ってある蘇民将来の家からは、一人も病人が出ませんでした。以来、この護符を張る風習が生まれたと言われています。

鳥羽市にある、海の博物館に詳しい展示がありますので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。この地域の風習や海女等についての本格的な展示を楽しむことができます。

 

路地の様子。非常に狭い場所に家が迫って建っています。移動手段は主に原付となっている様子。

集落の中心にある菅島神社。3階建てのしっかりとした社務所もありました。

奉納されていたつがいのアワビ。しろんご祭りで獲れたものなのでしょうか?

小学校は、灯台風の凝ったデザイン。子供が多そうなので、それなりの数の生徒がいるのでしょう。

船の出発までに時間があったので帰りに重太郎屋という定食屋兼喫茶店で食事をしましたが、これが大当たり。

チキンライスを食べましたが、味の付け方、油の混ざり具合がうまく、大変美味。隠れた名店でした。観光客に一切、媚びない硬派なメニュがいいですね。(魚系のメニューは全くありません)

大切なものって何なのと考えさせられる島

私たちの人生で大切なことってなんなんだろうと、考えさせられる、本土とは違った時間が流れる島でした。子供達も多く、産業もしっかりと存在しており、大都会が追い求める幸せとは違った方向性かもしれませんが、地に足のついた、確かな幸せがこの島には存在しているように見えました。

 

(当然、島には島の苦しみや辛さもあると思います。)

 

疲れた時、自分の生き方に悩んだ時に、訪れてみてはいかがでしょうか?民宿もあり、宿泊もできるようです。宿泊すれば、もっと深く島を知ることができるかもしれません。時間があれば、ぜひもう一度、訪れてみたいものです。

 

次はどこへ行こう? 

鳥羽城と鳥羽小学校

 鳥羽駅の反対側にあり、マリンターミナルから徒歩20分ほどで行くことができます。

朝熊山

車でないと行くことができませんが、途中の展望台からの景色は絶景です。 

 二見浦

こちらも車か電車でないと伺うことはできませんが、落ち着いた雰囲気で散策にはもってこい。宿泊地としてもおすすめです。

 

【三重・鳥羽】大正天皇も宿泊した、伊勢二見の旅館「賓日館」見学

伊勢神宮へ参拝に来た賓客たちをもてなした、高級旅館

伊勢神宮から、ほど近い名勝の地、「二見」。

夫婦岩を中心に、美しい景観を楽しみながらのんびりと休暇できる、静かな旅館街です。かつては、伊勢から直結して鉄道が走っていたこともあり、海水浴場を併設した二見は、伊勢神宮参拝客の宿泊地として、明治時代より発展してきました。

いまでも、趣深いレトロな旅館街として残っており、風流ある町並みを楽しむことができます。

その、二見の地でもっとも高い格式を誇った宿泊施設が、今回ご紹介する「賓日館」です。

当初は、伊勢神宮の参拝する賓客をもてなすための、宿泊・休憩施設として財団法人「神苑会」の手によって建設されました。

神苑

神苑の整備を目的とした財団法人で、1911年まで存続していました。神宮の関連施設を数多く建設・運営していました。農業の博物館「神宮農業館」や、伊勢神宮関係の品を収蔵する博物館「神宮徴古館」も建設しています。余談ですが、「神宮農業館」、「神宮徴古館」はともに外宮近隣の近鉄宇治山田駅から徒歩圏内にあります。あまり、流行っていませんが、見どころたっぷりの博物館ですので、ぜひ伊勢神宮参拝の折に訪問してみてください。

英照皇太后大正天皇の生母)の宿泊に間に合わせるため、明治19年12月に着工し、わずか3ヶ月後の明治20年2月に竣工と、極めて短い期間で建設されました。短い期間で立派な旅館ができたことに街の人は驚いたとの記録が残っています。

明治24年には、大正天皇が皇太子時代に水泳訓練と療養を兼ねて、3週間ほど滞在しました。

神苑会時代には、宿泊するために会の幹事の許諾を得る必要があったと記されています。単にお金があるだけでは、宿泊・休憩できない、格式高い施設として、運営されていました。(明治30年発行「神都の繁栄」坂常三郎編より)

明治44年になると、旅館「二見館」へ払い下げられ、二見館の別館となります。

誰でも拝観可能な記念館へ

その後も、賓客の宿泊施設として使われていましたが、平成11年に二見館が休業すると閉鎖され、地元の要望もあり二見町へ寄付され、一般に開放されました。

(保存が決まるまでには、地元を代表する建築物をなんとしても残したいという、住民たちの熱意による、保存活動があったそうです。)

現在では、300円を払えば、誰でも館内を閲覧することができます。

 

二見名物の松の防風林を歩いて行くと、ひときわ立派な建物があります。これが、賓日館です。建物の前には、手入れの行き届いた立派な庭園があり、旅館時代をしのぶことができます。 

内部を拝観するため、入口へ。拝観料300円を払います。館内は、暖房が一部しか聞いていないので、靴下袋などを借りることができます。冬なら、借りといた方がいいです。

 

内部散策♫ 

順路通りに、まずは2階から。当時の客室を見ることができます。細かいところまで、丁寧に作られた美しい建物。

見どころの一つが、大広間。巨大な畳敷きの部屋に、シャンデリアが輝く、和洋折衷の美しい部屋です。立派な板敷きの舞台もあります。当時は、豪華な夕食会が開催されたことでしょう。

大広間を横から。ガラスは手作りの時代のため、少しゆがんで外が見えます。シャンデリアがとても立派で見ごたえ抜群。天井のや襖の細工も見事の一言。桃山式(安土桃山時代風)のデザインになっています。派手ですが、細工の丁寧さで、いやらしさを感じさせません。

賓客が宿泊に使用された、御殿の間

もう一つの見どころが、賓客が宿泊に使用された「御殿の間」。

調度品も当時のまま残されており、往時の雰囲気を楽しむことができます。賓客気分で、窓際に置いてある椅子に座ることもできます。(古くなっていますが、座り心地は抜群でした。本当にいいものは、時代を経てもいいままですね。)

1階の一部は展示室になっており、往時の様子や二見の歴史について学ぶことができます。他にも客室や従業員向けの施設を見ることができます。

重要文化財にも指定されており、明治時代の空気を残す、たいへん貴重な施設です。往時は、賓客しか味わうことができなかった、豪華な気分を、二見に訪問した際は、ぜひ味わってください。

次はどこへ行こう

マコンデ美術館

アフリカのタンザニアに住むマコンデ族のつくった、芸術品が展示されている美術館。アフリカの現代美術を代表するマコンデ芸術の作品を楽しむことができます。小さいながらも、愛が伝わる丁寧な展示が魅力の素敵な美術館です。 

夫婦岩

いわずと知れた、二見を代表する風景。江戸時代から、夫婦円満の神様として信仰の対象になり、浮世絵などにも数多く描かれてきました。

いまでも、参拝客がひっきりなしに訪れる、二見で一番の人気スポットです。賓日館から、徒歩5分ほどで訪問可能です。

豚まん専門店「ウォン」

二見駅前にある、地元で人気の豚まん専門店。素朴な味ながらも、お肉がたっぷりつまった美味しい肉まんを楽しむことができます。1個からでも購入が可能ですので、おやつ代わり、一つ購入してみてはいかがでしょうか。

鳥羽城&旧鳥羽小学校 

鳥羽水族館から線路を挟んで反対側にある鳥羽城。非常に珍しい海に浮かぶ海城でした。埋め立てが進んだため往時の気分を味わうことは難しいですが、門の一部が復元されています。

また城内には、アール・デコ建築の旧鳥羽小学校の建物も残されています。現在は使用されていないため、荒れてますが、それでも美しい建物です。