「旅」のことのはぐさ

世界を楽しくめぐろう!

プサンから世界遺産の街「慶州」へ市外バスで(プサン旅行記5)

3日目は、5月5日子どもの日。

韓国でも日本と同じく、5月5日は、子どもの日(オリニナル) として休日になっています。休日になるので、観光地も混むことが予想れます。ちょっと大変な一日になるかもしれません。

 

慶州市について

今日は、世界遺産で有名な慶州(キョンジュ)市へプチトリップをします。慶州市は、朝鮮半島を歴史上、初めて統一した新羅王朝が都を置いた町です。世界遺産の街として有名ですが、実は一つの街に3つもの世界遺産があります。ご存知でしたか?

 

韓国の京都と言われることが多いですが、実際に行って見た雰囲気では、「奈良」に近いですね。やはり都が移ってから時を経ているため、町並みなどは失われてしまっています。石造りの遺跡が中心となります。

 

一番有名なのが、1995年に登録された、「仏国寺と石窟庵」、2000年には「遺跡が多く集まる慶州市一帯の「慶州歴史遺跡地区(大陵苑地区、月城地区、皇竜寺址地区、南山地区、山城地区)」が登録されます。そして、2010年には韓国伝統文化村として「良洞村」が認定されました。

今回は時間の関係で「仏国寺と石窟庵」にのみとなりました。

本当は、帰り道に慶州歴史遺跡地区で自転車に乗って見たかったのですが、残念ながら時間切れとなりました。1日で慶州を満喫するのは難しいですね。

 

慶州歴史遺跡地区

f:id:hino0526:20170524121353p:plain

市内に点在する新羅王朝時代の遺跡が集中する5地区を登録したものです。現存しているのは、石仏や古墳のみですが、世界遺産登録を契機に公園としての整備や建物の復元がすすめられています。大陵苑地区は駅から徒歩圏内にあり、アクセスが簡単です。広々とした公園で、古墳群がいくつか見えました。慶州名物、皇南パンのお店のすぐお向かいです。

 

良洞村

慶州といいながも、市街地から20キロほど離れています。(バスで30分ほどでアクセス可能)安東(アンドン)の河回村と一緒に登録がされました。

両班(王朝時代の支配階級、しかし李氏朝鮮時代には半数近くの人がこの階級になっていた。両班の人口と特典の多さが李氏王朝時代末期の停滞の原因の一つとも言われています。)の村として有名です。住民は、月城孫氏と驪江李氏の2つの家に所属している、同族村です。

韓国には7箇所の国指定伝統文化村がありますが、その中で最大規模でかつ保存状態もよく、風景も美しいことから、もっとも有名な村となりました。

風水に従って谷間に沿って集落が伸びており、日本統治時代に鉄道を通す話が出た時には、風水を悪くする可能性があったため、村の外に作ったそうです。

今でも伝統文化を守った生活が営まれる一方で、世界遺産登録を契機にアクセスが改善され訪問もしやすくなりました。

プサンから慶州へのアクセス

さて、ご紹介が長くなりましたが、プサンから慶州へ移動して見ましょう。

移動方法は、①バス②国鉄③高速鉄道(KTX)の3つが有名です。

③はもっとも早いのですが、ホテルから釜山駅が遠いことと、慶州側の駅も市街から少し離れているらしくアクセスが面倒そうだったので、今回はパスしました。

今回は、行きは「バス」、帰りは「国鉄」の二本立てで移動してみることにします。

※結論から言うと、バスの方が圧倒的に良かったです。早くて安くて空いています。

まずはプサン側のバスターミナルへ。地下鉄1号線の北側の終点、「老圃(ノポ)」駅へ行きます。市街中心部からだと30分〜40分ぐらいかかります。前にご案内した「温泉場」からなら近いです。温泉場付近には安いホテルがたくさんあるので、この地区に宿泊するのもオススメです。

 

 プサン市外バスターミナル

 駅と市外バスターミナルは直結しており、看板に沿っていけば迷うことなく行くことができます。バスターミナルに入ってすぐ左手にチケットカウンターがあります。

奥側のカウンターで「慶州行き」と言えば、チケットをすぐに売ってくれます。バスが出る場所は番号がついていますので、チケットを購入する時に教えてもらった番号のホームに行けばOKです。

料金は、4500ウォンでした。たまたまラッキーなカウンターだったのかもしれませんが、日本語も通じましたよ。

※手前は高速バスのチケットカウンターです。市外バスと高速バスの違いは、許認可庁が異なること、そして市外バスが50キロ程度で複数の停留所がある場合があること、高速バスが100キロ以上で直通という違いがあります。バスのグレードなどはほぼ一緒で差はないそうです。慶州へはどちらのバスも出ていますが、市外バスの方が圧倒的に本数が多いので、市外バスをオススメします。(高速バスの方が5分ほど早いみたいです。)

広大なバスターミナル。日本では見ない風景ですね。

 

10分に一本出ているそうなので、時間は確認せずに行きましたが、子供の日の祝日でしたが、すぐに購入できました。まだまだ空きもあったので、そんなに神経質にならなくても大丈夫かと思います。

市外バスという名前ですが、いわゆるリムジンバスというか高速バスで、快適です。空港バスをイメージしていただければ、一番ぴったりくると思います。

すぐに高速道路へのり、1時間ほど乗車します。

到着先は、慶州市市外バスターミナル。ここから市内バスへ乗り換えをして、仏国寺へ向かいます。ここでトラブルというか、役に立たなかったのが、グーグルマップ。たくさんのバスが行くにも関わらず、滅多にないバスしか表示できなかったりと、慶州市内ではいまいちお役に立ちませんでした。

慶州市では、グーグルマップを信じきるのは禁物です。

 

プサン旅行記6では、仏国寺へ向かいます。

(現在、作成中です。)

関連情報

 チャガルチ駅側の食堂で焼きサバ定食を食べました。新鮮なサバでお味は最高。

 ソウルで日本語の通じるタクシー運転手について行って失敗したというお話

 

 

日本人が一度は入ってみたいと願ったと伝わる温泉(プサン旅行記4.5)

(今回は写真が全く残ってなくショぼい内容になってしまいました。いずれは、旅行記4に統合しますので、暫定で4.5に)

 

釜山タワー周辺の散策を終え、地下鉄1号線へ。

北へ30分ほど行ったところに、「温泉場(オンチョンジャン)」という面白そうな駅名があります。

名前の通り、「東莱温泉」という温泉があることからついた名前です。

歴史ある東莱温泉

新羅王朝の時代に開かれたと言われています。伝説では、怪我をした鶴がお湯につかったところ、怪我などなかったかのように元気に飛んでいったのを見た、地元の老婆が入るようになったのがきっかけと言われています。

伝説のとおり、腰痛やリウマチなどに効果があるそうです。

日本統治時代から有名で日本の人達も一度は入って見たいと思っていた、というのが売り文句です。

ちょっと調べたところ、実際に有名だったようで、満鉄が昭和14年に作った旅行ガイド「鮮満支旅の栞」では、

新羅時代から知られ、朝鮮では第一に指を屈せられる良い温泉である。

釜山の北に12キロ、交通は非常に便利で釜山からは絶えず電車が往来し、一時間ごとに乗合自動車の便もある。

付近には、新羅の名僧「開基」に関わる、南鮮三大名刹の一つで有名な梵魚寺と、新羅善徳王時代に創建されたと讃えられる通慶寺があって、いずれも一日の行楽地としてふさわしく、また背後には金井山の景観もあって無量に苦しむことはない、行楽地の温泉場で、旅客の必ず旅埃を洗う所となっている。

(一部現代語に変換をしています。)

 とたいそうな持ち上げようです。

今回は、訪問が叶いませんでしたが、梵魚寺は、今も韓国五大寺の一つとして人々に敬われており、見応えある山寺です。地下鉄1合繊の梵魚寺駅から、バスで10分ほどで訪れることができます。

金井山もロープウエーが設置されており、簡単に登ることができます。山頂には、金井山城という城壁があり、ちいさな万里の長城担っています。こちらは、温泉場駅からロープウエーまで歩いて行くことができます。

 

現実はどうかというと、温泉場の駅を降りても、まるで普通の住宅地のような、なんの変哲もない駅です。おりた瞬間、「温泉〜」という雰囲気を期待していたのでちょっと肩透かし。

駅には、昔の時代のパネルが展示されており、日本統治時代の「おみやげ」という日本語の看板を掲げたお土産屋の写真などが展示されていました。

プサン最大規模の温泉スパ「虚心庁」

私が行った時は、すでに日が暮れていたので、駅のそばのスーパー銭湯のような近代的な温泉スパ、「虚心庁」へ行きました。

虚心庁は、西に徒歩5分ほど歩くだけで簡単に行くことができますが、特に看板などもなかったので、地図などを用意していくことをオススメします。 

大きな建物で横にはホテルがついています。日本でいうとちょうどバブルの時に建てたような雰囲気で、大阪のスパワールドによく似た感じです。

無駄にゴージャス感がありまくり〜

ロビーの写真だけですが、なんとなくわかっていただけますでしょうか!

 

できた時は、釜山で最高の設備だったそうです。現在でも規模はトップクラスとのこと。3000人が同時に入れるそうで、効能の違う4つの源泉から温泉が供給されています。

浴室は広々としていて、最新の施設には負けますが、掃除もしっかりと行き届いており快適でした。お風呂の説明文書なども日本語表記があり、カウンターでも日本語で説明してもらえました。

熱いお湯からぬるめのお湯、プールに、深い浴槽から半身浴用のお風呂と様々な風呂を楽しめます。露天風呂もありました。

メインの浴室はローマのパンテオンのようになっており、開放感抜群です。私は行きませんでしたが、チムジルバンは最近になってから改装したそうです。

料金は8000ウォン(約800円)で、この施設の内容からすればリーズナブルです。タオルも貸し出ししてくれました。

※土休日は10000ウォン(約1000円)、チムジルバン利用の場合はガウンを借りるのに2000ウォン(約200円)がかかります。チムジルバン利用の場合は、男女教養エリアになるのでガウンのレンタルが必須です。ちなみに、お風呂だけの利用のっ場合は、日本と同じく裸での利用となります。水着は不要です。

営業時間は、5:30〜24:00(入場は23:30まで)。ガイドブックには、もっと短い時間が書いてありましたのでご注意を。最近長くなったのかな?

居心地もよく、この料金ならありかなーと思います。

ここだけ行って戻ったので、温泉場らしいとこ、結局何一つ見れませんでした(泣)

奥まで行けば、もっと温泉らしいところもあるみたいですが・・。

泉質はまあまあかな。日本の人達が一度は入って見たいと思ったのは、ちょっと大げさな気がします。

 

(プサン旅行記5へ続きます。次回は、釜山を離れ世界遺産の街「慶州」へ行きます。)

 関連情報